TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

舟越保武 少女アンナ/少女K嬢

 

戦後の彫刻界を代表する彫刻家である舟越保武、息子さんは世界中で活躍する彫刻家である舟越桂

略歴

1912年 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷に生まれる。父親は熱心なカトリック信者

1939年 東京美術学校彫刻科を卒業。このとき佐藤忠良と出会う

1950年 長男が生まれて間もなく急死。これを機に、カトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える

1962年 長崎二十六殉教者記念像完成。第5回高村光太郎賞受賞

1967年 東京芸術大学教授に就任。1980年までの間、東京芸術大学教授。

1972年 第3回中原悌二郎賞受賞

1973年 ローマ法王より大聖グレゴリオ騎士団長賞受賞

1978年 芸術選奨文部大臣賞受賞

1980年 東京芸術大学を退官。翌年多摩美術大学教授となる

1983年 「巨岩と花びら」で日本エッセイストクラブ賞受賞

1984年 勲4等旭日小授章授章 個展(札幌芸術の森、いわき市立美術館ほか)

1986年 東京芸術大学名誉教授に

1987年 脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた。

1999年 文化功労者

2002年 死去(享年89歳)

 

理想的な女性像をモチーフとし理想の美を追求した舟越保武のブロンズ像を、

アンティーク慈光にて、少女アンナ/少女K嬢販売しております。

少女アンナ/少女K 各28000円(税込み30240円)

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

マイ・オークションをごらんください
道具屋慈光オンラインショップ
berticallogo

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 


PageTop