TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

加藤伸也(作助) の花瓶『織部草紋』を、ヤフーショッピングで販売しております。

加藤伸也(作助)  織部草紋 花瓶 花器

ヤフーショッピング 加藤伸也(作助)  織部草紋 花瓶 花器 共箱

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、加藤伸也の花瓶です。加藤伸也は、五代加藤作助です。瀬戸焼の窯元で、加藤四郎佐衛門景正の作家の系列です。150年以上前に、加藤作助と名乗り伝統ある窯元になりました。加藤伸也は、東京芸術大学大学院で陶芸を学び、その後、織部焼を初めとする伝統技法を習得しました。そして新しい趣向も取り入れ、現代的な作品も制作しました。数々の個展、工芸展で入選するなど活躍しました。

こちらの花瓶は、織部焼、特有の緑の釉薬、織部釉が特徴であり、透き通った釉薬の下に草の模様がくっきり出ており見応えのある一品となっております。

略歴

1940 瀬戸古瀬戸窯窯元四代加藤作助の長男として生まれる。

1966 東京芸術大学大学院陶芸講座修了 加藤土師萌・藤本能道・田村耕一氏に師事

1968 瀬戸に帰り、陶芸制作活動に入る

1969 第17回日本伝統工芸展 初入選 以後 毎年作品出品

1972 東京日本橋三越にて初個展開催 以後 隔年に開催

1987 (社)日本工芸会 理事就任 同 東海支部 幹事長就任

1992 愛知県立芸術大学陶磁専攻教授

1996 父作助 逝去により、五代 作助を襲名

1998 瀬戸市(2004愛知県)指定無形文化財 「陶芸 黄瀬戸・織部」 保持者認定

2013 瑞宝小綬章受章

 

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

ヤフーショッピングで、 吉岡華堂「恵比寿大黒」掛軸を販売しております。 

吉岡華堂 「恵比寿大黒」 掛軸 吉岡堅二

慈光ヤフーショッピング 吉岡華堂 「恵比寿大黒」 掛軸 吉岡堅二の父

アンティーク慈光では、掛け軸、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は「恵比寿大黒」の吉岡華堂の掛け軸です。

吉岡華堂は(1847年~1917年)明治時代から大正時代にかけての日本画家です。生まれは現在の京都市中京区ちょうど錦小路の辺りです。明治期の京都画壇の3巨頭の1人に数えられた画家である岸竹堂(きしちくどう)に師事。岸竹堂の没後は、。動物を匂いまで描くと言われた竹内栖鳳に弟子入りしました。京都画壇の著名な人のもとで絵を学んでいたようです。息子は東洋と西洋を融合させたの日本画を追求し続け吉岡堅二。

七福神の人気トップ2の恵比寿様、大黒様が描かれており。独得な筆使いを感じられます。お正月に飾ると縁起の良い一品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

幕末の湖東焼、慈光店舗にて販売しております。

湖東焼 江戸時代 染付

慈光では、骨董品のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、湖東焼です。湖東焼は江戸時代の文政期に絹屋半兵衛によって作られました。絹屋半兵衛は、彦根城下町の呉服商でした。全国で盛り上がっていた陶器の生産を彦根でも試みようとし、有田の伊万里焼の職人を招き窯を開きました。10年間試行錯誤しながら、焼成技術、華やかで繊細な絵付け、湖東焼独特のスタイルを築き彦根藩の協力もあり、藩が直営する焼き物になりました。白磁部分の原料にこだわり、呉須染付、赤絵など、専用の窯で焼き完成度が非常に高い陶磁器を制作しました。しかし、桜田門外の変で、井伊直弼が暗殺されると政情不安と職人のほとんどが離散してしまい藩窯は閉鎖を余儀なくされ、短い歴史に幕を閉じました。

こちらは、質の良い白磁に、濃淡のある呉須。草花の茎、葉、花びらの細かい所まで絵付けされております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

杉並区にて水野秋艸「波四方皿」を、買い取りさせて頂きました。

水野秋艸(しゅんそう)は、岐阜県美濃にある秋艸庵(しゅうそうあん) にて、江戸時代の陶工、絵師である尾形 乾山(おがた けんざん)の作品の写しを中心に作陶して

いました。尾形乾山が30代の頃、京の北西・鳴滝泉谷に窯を開き、その場所が都の北西(乾)の方角あたることから「乾山」と号し、出来上がった作品に記したと言

われいますが、今回ご紹介の水野秋艸「波四方皿」作品の裏には、「乾山」と記されていることから、この鳴滝時代の乾山の作品の写しと思われます。乾山が器を作

り、6歳上の兄・尾形光琳がそこに絵を描いた兄弟合作の作品も多く、自由闊達な絵付けや、洗練された中にある素朴な味わいを特徴した作風が丁寧に再現されていま

す。現在は、秋艸の息子・水野健一郎が美濃焼の伝統的技法や釉薬を今日に受け継いで、秋艸庵で作陶しています。こちらはヤフオク出品予定です。どうぞお楽しみ

に。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

森陶岳(備前焼)の徳利を、ヤフーショッピングで販売しております。

森陶岳 備前 徳利 酒器 共箱 

慈光ヤフーショッピング 森陶岳 備前 徳利 酒器 共箱

慈光では、陶器、陶磁器の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、森陶岳の徳利です。窯元六姓家の家系にうまれ、備前焼の作家であり、中学の美術教師を3年で退職して陶芸の道に入るりました。大胆な行動力があり、古備前が焼成された中世の大窯焼成計画を立て、46メートルの登り窯(兵庫県)を築きひもづくりの大甕(おおがめ)など備前陶器多数を焼成し、さらには、53メートルの窯(岡山県)を築き、その後、前人未踏といわれるメートル・幅6メートル・高さ3メートルの「寒風新大窯」を築き、昔ながらの焼成に力を注ぎました。大窯から生まれる風情のある作品は、数々の称賛を受けました。

小さい徳利ながら、古備前の様な風格があり、堂々としたいで立ち出で立ちです。花瓶の見立てとしても使えるでしょう。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


85メートル

 

 


PageTop