TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

三鷹市にてセイコー・ワンプッシュクロノを買取させて頂きました。

セイコー ワンプッシュクロノ

三鷹市にてセイコー・ワンプッシュクロノを買取させて頂きました。

セイコーのワンプッシュクロノグラフ、国産初のクロノグラフです。

このクロノグラフは、1964年東京オリンピックを記念して制作されました。

デザインはとてもシンプルで積算計などを省き、こちらもセイコーで初めて使用されたプラスチックのベゼル。

裏蓋には東京オリンピックの聖火マークが描かれています。

状態は、問題なく稼働するのですがOH時期不明で、風防に傷が見られますが、古いわりには良い状態だと思います。

こちらヤフオク出品中です。

2021.11.21(日)21:16頃終了予定

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

中野区にてユリス・ナルダンの腕時計を買取させて頂きました。

ユリス・ナルダン

中野区にてユリス・ナルダンの腕時計を買取させて頂きました。

1846年、多くの時計メーカーが軒を連ねるスイス時計の聖地ル・ロックルにて創業したユリス・ナルダン。

クロノメーターの製造を主に手掛けてきたことから、錨をトレードマークとしている。現在はケリングの傘下となっている。

買取いたしました時計は、シンプルながらも高級メーカーだけあり雰囲気があります。

ユリスナルダンのブランドシンボルは錨のマークですが、この時計には創業地であるル・ロックルの文字が書かれています。

時計の聖地ル・ロックルには、様々な時計メーカーが有りましたが、その多くがクォーツショックの影響で経営難に陥ります。

ユリス・ナルダンも大打撃を受け、メーカーの終焉を迎えるかと思われましたが、

資産家集団が、ユリス・ナルダンの株式の大半を習得し、難を逃れました。

現在、ガリレオ・ガリレイ”やプラネタリウム”コペルニクス”などの天文複雑時計や、エナメル仕上げの文字盤が美しいクロノメーター”サンマルコ”など、

バラエティに富んだ商品構成を誇る高級時計メーカーとして君臨しています。

 

慈光では、時計の買取を行なっています。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

ユンハンス、ゼンマイ式置き時計を店舗にて買取させて頂きました。

ユンハンス ゼンマイ式 置き時計

ユンハンス、ゼンマイ式置き時計を店舗にて買取させて頂きました。

ユンハンスはドイツ最大の時計メーカーで、1861年シュヴァルツヴァルトの中心にあるシュランベルクで壁掛け時計メーカーとして創業しました。

1900年初頭には世界最大の時計メーカーに君臨します。

様々な時計を製造しましたが1999年にエガナ・ゴールドファイルの傘下となります。

ユンハンスは、腕時計も有名ですが置き時計や掛け時計も良いものがたくさんあり、

国を代表する大衆向けの時計といった感じです。

買取させて頂きました置き時計はゼンマイ式で良い意味で古さを感じさせてくれます。

残念なことにゼンマイを巻くことが出来ずのジャンク品となりますが、

シンプルな作りの機械式となりますので修理も可能かと思います。

飾りとしても活躍してくれると思います。

 

このユンハンス置き時計はヤフオク出品中です。

2021.09.12(日)21:04頃終了予定となっております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

三鷹市にてアメリカ アンソニア社の置き時計を買取させて頂きました。

アンソニア時計2

アメリカ アンソニア社の置き時計を買取させて頂きました。

1854年にアメリカ・コネチカット州で創業、日本には明治時代に輸入が開始されました。

重厚な作りの時計が多く、様々なデザインの時計を世に出しました。

世界中で人気があったアンソニアでしたが1890年には工場火災に遭い、

1929年にはロシアに買収され、その歴史の幕は閉じられました。

時間が経過しても現在でも、多くのコレクターがいるそうです。

日本は、アンソニアの”A”マークを信頼の証しとしてコピーしたそうです。

 

今回買取させて頂きましたアンソニアの時計は、ニューヨーク移転後(1879~1929)に制作されたもので、

置き時計の土台は大理石、文字盤には琺瑯が使用しています。

傷などはありますが、まだ適切な調整をおこなえば、まだまだ現役で活躍してくれます。

 

慈光では置き時計・掛け時計・腕時計などの買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

独ユンハンス製の古い懐中時計をヤフオク!に出品中です

ユンハンス製懐中時計(2)
レトロな時計のヤフオク!出品がここのところ続いております中から、今日でもドイツ最大の時計メーカーといわれるユンハンス(ユンハンス・ウーレン)が、おそらくは戦前に製造したものであろうと思われます、手巻き式の懐中時計をピックアップしてみました。
ユンハンスは1861年の創業で、当初は壁掛け時計専門でありましたが、早くも5年後には自社でデザイン・設計から製造までを完結させるまでに成長、そして20世紀初頭には三千人余りを雇用し、年間300万個の時計を生産する、世界最大の時計メーカーへと飛躍を果たしたということです。軍需絡みの信管と爆薬に関連した自社部門を戦後に分社化してからは時計専門の会社となり、1980年代後半には世界初の電波時計を世に送り出すなど、今日に至るまでその存在感を保っています。
今回のポケットウォッチは、おもて文字盤の何処にもロゴも社名も無く、八芒星とイニシャルのJをあしらうマークの社章(1890年の登録から今日まで用いられる)が裏蓋内に小さく刻み込まれていて、それでようやくユンハンス製だと判別されます。普及、廉価版のひとつであるのかな(開いてムーブを確認するのも困難で)という気はいたしつつも、何やら大正ロマン的な古き佳き時代の薫りを漂わせる魅力があります。残念ながら不稼働品となりますが、修理・メンテのお出来になる方に喜んでいただければ幸いであります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop