TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

彫金花図金工細工銀被硝子ボトルを三鷹市にて買取させて頂きました。

彫金花図金工細工銀被硝子ボトル

彫金花図金工細工銀被硝子ボトルを三鷹市にて買取させて頂きました。

ボトルの方に三越の文字があり、記念品として作られた一品です。

細工も細かく出来ており、花図も立体的で素晴らしい出来です。

コップの方は銀部分を外せるので、サイズさえ合えばコップを交換することも出来ます。

やはり昭和の時代に作られたものが多く、

現在では、あまり作られることは無くなったのか現代のものは見かけません。

昔のように良いものを作れば売れるという時代では無くなってしまったのかもしれませんね。

 

慈光では銀製品の買取を行っております。

こちらの商品はヤフオク出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)をお買い取りさせて頂きました。

アフリカ現代アート バーバーサイトボート

アフリカ アート バーバー サイトボート

アンティーク慈光では、絵画、アート作品のお買い取り販売を行なっております。

慈光店舗にて、アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)を販売しております。

アフリカの現代アートは、最近ではパリを中心に空前のブームと言われるほど、注目を集めています。

 

西洋美術にも影響を与えており、ピカソ、マティス、モディリアーニなど深い感銘を受けて作品に投影されています。

近代では、アフリカの独立の時代の流れとともに。60年代〜70年代、80年代〜90年代、現在と、アートブーム段階を得て斬新で独特ななアート作品、アーティストが活するなど、進化を続けています。

 

こちらのBarbers Sightboardは床屋の看板、80年代〜90年代に作られたもので、世田谷美術館が1995年に監修した「インサイドストーリー、同時代のアフリカ美術」の関連のものです。

 

ベニア板に、大胆に手描きされております。アメリカの50s、アメコミを連想させるような黒人のキャラクター、アフリカ独特な、ビビッドで、ディープな彩色、プリミティブな要素が加わり、独特なインパクトがあります。

 

 

三鷹市にてアメリカ アンソニア社の置き時計を買取させて頂きました。

アンソニア時計2

アメリカ アンソニア社の置き時計を買取させて頂きました。

1854年にアメリカ・コネチカット州で創業、日本には明治時代に輸入が開始されました。

重厚な作りの時計が多く、様々なデザインの時計を世に出しました。

世界中で人気があったアンソニアでしたが1890年には工場火災に遭い、

1929年にはロシアに買収され、その歴史の幕は閉じられました。

時間が経過しても現在でも、多くのコレクターがいるそうです。

日本は、アンソニアの”A”マークを信頼の証しとしてコピーしたそうです。

 

今回買取させて頂きましたアンソニアの時計は、ニューヨーク移転後(1879~1929)に制作されたもので、

置き時計の土台は大理石、文字盤には琺瑯が使用しています。

傷などはありますが、まだ適切な調整をおこなえば、まだまだ現役で活躍してくれます。

 

慈光では置き時計・掛け時計・腕時計などの買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

三鷹市にてCYMAのバルジュー22クロノグラフ時計を買取させて頂きました。

 

CYMAのクロノグラフ時計を買取させて頂きました。

ムーヴメントを見る限りバルジュー22かと思います。

バルジュー22は1914年から1970年代まで製造され、様々な時計に起用されました。

あのパテックフィリップのムーヴメントのベースにもなっている名ムーヴメントです。

この後に、開発されたバルジュー23よりも精度の安定性が良いとまで言われています。

残念ながら、このCYMAは不稼働品となりますがOHすればまた時を刻んでくれそうです。

こちらの時計は近日ヤフオク出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

特大多層のヴィンテージ・マトリョーシカ人形を三鷹市にて買い取り致しました

特大多層マトリョーシカ人形 (41cm 18pcs)
単に可愛らしい存在に留まらず、哲学的な思索やら、人生論や生命の神秘といった方向へと思念を誘われたりもする、不可思議な民芸、工芸の入れ子人形であります旧ソ連/ロシア製のマトリョーシカを複数点買い取りさせていただきました。
ここで写真にてご紹介しましたのは、中でも特大サイズ、体高約41.5センチのかなり巨大なひと組となります。丁寧な刳り貫き・彩色のなされた木製のお嬢さんたちで構成され、1970年代頃のものではないかとのこと。
大きさもさることながら、総人形(ピース)の数はなんと驚きの18体! ヤフオク!出品に向けましての準備・撮影作業には少々難儀いたしました。
このマトリョーシカ自体はそう歴史が古いものではないそうで、1900年のパリ万国博覧会で銅メダルを受賞したのをきっかけに国際的な存在となり、ロシアの民芸品、お土産品として量産・販売されるようになり名が知れていったようです。なおその起源として、19世紀末にロシア人宣教師が箱根の七福神の入れ子人形細工を気に入り母国へ持ち帰ったことが有力な一説とされたりします。
魅かれはするけれども流石に30センチ超えはデカ過ぎ!とおっしゃいます向きには、他にも同時期製作と思われる古いお手頃サイズのマトリョーシカがございますので、次週の出品にご注目下さい。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop