TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

北見隆のリトグラフ (一部に手彩色)『遅刻』を武蔵野市にて買い取り致しました

北見隆『遅刻』リトグラフ+手彩色
1952年生まれで、1970年代後半からイラストレーターとしてのキャリアを重ね、国内外で各種の賞を受賞、特に出版物の装丁を数多く手がけられていることでよく知られます、芸術家の北見隆の2005年作品『遅刻』を最近買い取りさせていただいております。近況としましては宝塚大学の教授として教鞭を執られますと同時に、立体作品を含め、メディアや手法・技法に囚われない制作活動を継続されています。過去作品群を一瞥しますと確かに、象徴主義や神秘主義、新ロマン主義~シュルレアリスムといった近代西洋絵画の諸スタイルが混然一体となった(宗教性は希薄な)幻想的寓意絵画が多く見受けられる気がします。
本作は、見る者にユーモアとペーソス、それに人間の心の暗部を感じさせる、なかなかユニークな作品、一種のアフォリズム絵画です。ダークなブルーとグレーを基調として、誰でも一度ならず経験したことのある、大事な約束に遅れてしまった・を破られた、待ち合わせした二人の心象風景が、動物に擬態されて表現されております。待ちぼうけ食らった左手の方が、内なる怒りと落胆によって鵺 (ヌエ) か何かにメタモルフォーゼしており、対して右手の遅れて侘びの握手を求める方にも変容が起こり、馬の尻尾のようなのが生え始めております(疾走して馳せ参じたことを象徴?)。絵柄からは一応和解が成りそうなのに救いがあるといえますね。
なんと5部限定のリトグラフ、市場に出回ったものとは考え辛いです。裏にさっと書き足されている、ジャン・コクトー風の女の子のイラスト、ペン画が、ほかに献辞などは見当たりませんが、一層本作品のプライベート性を増強しているようです。
この版画を観て思わず当方は、私的な約束には敢えて5分くらい遅れていくのが相手への配慮、礼儀だという風に考えていたこともあったな、若かった~ (;^ω^) と苦々しく思い出した次第。そこでこれを時間厳守の必要性を感じつつもついつい破ってしまうという貴兄に捧げるとしましょう、「遅刻禁止」と自戒する為に本作を寝室などに飾られるのは如何でしょう?

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

仁清写青波文の茶碗(平安 桐凰造)をヤフーショッピングにて販売しております。

平安 桐凰造 仁清写青波文 茶碗  茶道具 共箱

慈光ヤフーショッピング 平安 桐凰造 仁清写青波文 茶碗  茶道具 共箱

慈光では、茶道具、掛け軸、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回、ご紹介する品物、仁清写青の平茶椀です。季節によって湯の加減や、色合いを変えることにより、季節を味わうことが、茶道の醍醐味のひとつではあります。平茶碗は、熱が籠りにくいため湯が早く冷めます。色合いも爽やかな白、青などが多く、水をモチーフにしたものが多いのが特徴であります。茶を茶を点てる際には、零れやすいのでリラックスして点てると良いとのことです。

こちらの平茶碗は、金彩の波紋型に淡い藍色で彩色、白磁も際立っております。これから夏本番、おすすめの一品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

備前焼・明治の陶工、永見陶楽の茶入が入荷しました。

 

永見陶楽

明治の陶工、永見陶楽の茶入が入荷しました。

明治初期に活躍した名工・永見陶楽の茶入です。

生まれは弘化二年幕末、細工を得意とし宝瓶、茶入など人気があります。

永見陶楽の孫は初代小西陶古となり、現在は初代の二女にあたる小西光江(昭和2年生まれ)が二代目を襲名し、永見陶楽の作陶技術は現在も受け継がれています。

例えば、永見陶楽が形にとらわれず新しい形状の茶入を模索した可能性も考えられます。

茶入は小ぶりで可愛らしく備前のどっしりとした男らしさを中和してくれています。

自然釉がほぼ全体を覆っているので、表面は光沢があり良い感じに仕上がっています。

商品は慈光の店舗に展示してあります、お近くを起こしの際はぜひお立ち寄りください。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平安象彦 (八世西村彦兵衛) 作 長寛写 牡丹唐草文 喰籠 を店頭販売しております

平安象彦 (八世西村彦兵衛) 作 長寛写 牡丹唐草文 喰籠 (1)
前身である象牙屋として寛文元年(1661年)に創立、折しも今年の正月には十代めが誕生・襲名しております、長き歴史と奥深き伝統を誇ります京漆器の老舗である象彦からかつて世に送り出された、『長寛好 砂金袋形 喰籠(じきろう)』を店内にて販売いたしております。
製作は八代西村彦兵衛、漆器貿易の先鞭をつけたことや京都蒔絵美術学校の設立でも知られるようです。本品は、江戸末期に名を馳せた佐野長寛なる名工による名作のひとつとされます、牡丹唐草(富貴草)文が豪壮に蒔絵にて散りばめられた菓子器(喰籠)を模したもの。牡丹唐草は大陸伝来の吉祥文様のひとつ、蓋の内側と本体の底には冨と貴の文字が図案化されて書き込まれており、目出度さは一入。直径18センチほどの大きさで、表向きは茶席での棚飾あるいは菓子入れとしての用途が主とされますが、大きめの丼か小ぶりのお櫃としても使えそうです。
象彦謹製 長寛好 砂金袋形 喰籠 写
「原作者」の長寛(1794?~1856?)がかなりの変人、奇人、異才の漆工人であったようで、気の赴くままに佳品、優品を作って見せては世の好事家たちが競ってそれらを求め珍重したとのこと。自身の漆芸の独創的で高度なことに加え、中国伝統の様式美を日本好みに絶妙にアレンジを施すセンスの高さが受けたのでしょうか。少し空間恐怖症が窺われる構成には映るものの、確かに今日的な視点でも十分に新鮮さと斬新さを感じさせる意匠であります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

佐久間 藤太郎の「百花紋皿」五枚揃を販売しております。

 

佐久間藤太郎 皿 百花紋皿 五枚揃

佐久間藤太郎 皿 百花紋皿 五枚揃

慈光では、陶器 、陶磁器のお買い取り、販売を行なっております。

慈光店舗で、佐久間藤太郎作の皿 五枚揃を販売しております。

 

佐久間藤太郎は、栃木県益子町生まれ益子焼きの作家です。父は同じく陶芸家の佐久間福次郎。兄弟で佐久間賢司、その息子で佐久間藤也と正に陶芸一家です。

佐久間藤太郎は、稼業を継ぐ為、益子陶器伝習所で技術を学び、安定したロクロ回しでは、才能を見出しました。濱田庄司が1924年イギリスから帰国し、佐久間家に身を寄せ作陶していました。そこで濱田庄司の表現に魅せられ師事を決意し、肩を並べ作陶を続け、陶工から作家へと精進しました。

板谷波山に認められ個展を開く機会が増え益子焼きを代表する人気作家となっていきます。そして益子焼きに新しい息吹を吹き込みました。

本人作だけあって、高台、みこみ、渕先に至るまでバランスの取れた成形をしております。素朴ながら、深みのある質感と、色合いが特徴です。鉄絵を得意とし、自由に柿釉 黒釉を使い分け、刷毛目とスポイトを得意とする藤太郎の絵付けは斬新で優雅。見応えがあります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 


PageTop