TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

北村西望のブロンズ像『不老長寿』を、ヤフーショッピングで販売しております。

北村西望 ブロンズ像 不老長寿

アンティーク慈光ヤフーショッピング 北村西望 不老長寿 ブロンズ像

 

慈光では、彫刻のお買い取り販売行っております。

現在、慈光のヤフーショッピングで北村西望のブロンズ像 『不老長寿』を販売しております。

北村西望の作品は、武蔵野市の隣の西荻窪という土地のせいか、今まで多くの作品をお買い取りさせて頂いております。

明治17年生まれの北村西望は、激動の時代を生き、戦前と戦後に渡り、多くの作品を手掛けております。若い頃から頭角を現し、戦後は、平和、自由などをモチーフに制作しました。

『不老長寿』は、すらっとした姿をしており、どこか卓越した雰囲気が漂っています。バランスの取れた成形美は、西望ならではでしょう。104歳まで生き、作品作りに没頭した自身の反映もあるかもしれませんね。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

唐津焼 中川自然坊の向付を店頭にて買い取りさせて頂きました。

室町時代末期から桃山時代にかけて岸岳城を居城とした波多三河守親の庇護の下、生活雑器を中心に焼かれたのが唐津焼の始まりと言われています。
今回ご紹介の品物は、唐津焼らしい、素朴な風合いの向付です。6点セットで状態も良く、向付の割には高さがあるので、お茶や料理、花などを引き立てるうつわとしても利用できそうです。こちらは、佐賀県東松浦郡の自然坊窯で作られました。素朴な造りと土にこだわり、割竹式登窯で焼く自然坊の作品 です。
豪快さの中にも静けさと繊細さを保ちつつ、作家である中川自然坊の作風を融合した、日常に自然体で寄り添うような器の作陶に励んでいるそうです。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

 

For inquiries, please contact
info@antiquesjikoh.com
Antique Net Jikoh Co.
4-8-8 Nishiogikita, Suginami-ku, Tokyo  167-0042

TEL/FAX 03-5382-5171

For purchase inquiries, please contact TEL/ 03-5382-5171
Business hours: 10:00-18:00 (closed on Wednesdays)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

井上公三「PLAINE ROUGE」シルクスクリーン版画を、ヤフーショッピングで販売しております。

井上公三 「PLAINE ROUGE」 シルクスクリーン版画

慈光ヤフーショッピング 井上公三「PLAINE ROUGE」シルクスクリーン版画

慈光では、絵画のお買い取り、販売を行こなっております。

井上公三は、1937年、大阪で生まれました。慶應義塾大学美学美術史学科卒業した後、フランスに渡り、モンパルナスにあるアカデミー・ドゥラ・グランド・ショミエールにて学びました。60年代からパリに拠点を置き世界各国で活動し、壁画を中心にパブリックアートなども制作しました。晩年は伊豆に拠点を移し活動しました。

シルクスクリーンのグラデーション技法を開発、開拓し独特な世界観があります。空間を感じさせる作品が多く、色彩の濃淡による表現は特徴的です。

井上公三
略歴
1937年 大阪に生まれる
1960年 慶應義塾大学美学美術史学科卒業
同年渡仏、アカデミー・ドゥラ・グランド・ショミエールにて学ぶ
1968年 パリのギャルリー オ・パヴェにて個展開催(翌年‘69にも開催)
(以後、世界の各都市にて個展を開催)
1969年 オーパベ大賞(パリ)受賞
1971年 毎日現代美術展コンクール賞受賞
1973年 フランスのシャルトル美術館にて個展開催
1977年 東京のセントラル美術館にて個展開催(以後、’81、’85、にも開催)
1980年 国際ビエンナーレ審査員賞(カンヌシュールメール)受賞
2005年 宝徳院(静岡)の襖絵完成

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

土屋光逸「甲州吉田口 鵜の島」を店頭にて買い取りさせて頂きました。

土屋光逸(1870~1949)は、川瀬巴水、吉田博と並ぶ、新版画を代表する風景版画家です。

16歳のとき小林清親に入門し、以後30年間小林家で家族同然の暮らしを送りました。

清親の身の回りの世話を続け、日清戦争の際には、講和の様子を描いた三枚続の錦絵の制作。

病気や浮世絵の衰退もあり、一時画業から離れましたが、清親十七回忌記念展で渡邊庄三郎に見出され、60歳を超えて初めて新版画の作品で木版画界にその名が知られました。その後は、美しい日本の風景版画を制作し続けました。

今回ご紹介の作品は、 昭和十三年に制作された新版画で、「甲州吉田口 鵜の島」と書かれています。

唯一、富士五湖の中で湖中に島がある鵜の島の背景に、圧倒的な富士山を眺めることが出来ます。

遠と近を巧みにあやつり、湖畔の水面にはふんわりと富士山がうつしだされた、抒情的な作品です。

お問い合わせ先

info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

 

For inquiries, please contact
info@antiquesjikoh.com
Antique Net Jikoh Co.
4-8-8 Nishiogikita, Suginami-ku, Tokyo  167-0042

TEL/FAX 03-5382-5171

For purchase inquiries, please contact TEL/ 03-5382-5171
Business hours: 10:00-18:00 (closed on Wednesdays)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

人間国宝 加藤孝造の志野茶碗を、ヤフーショッピングで販売しております。 Kozo Kato’s (living national treasure)Shino Tea Bowl is available for sale.

Shino Tea Bowl by Living National Treasure Kozo Kato

慈光ヤフーショッピング 加藤孝造 志野茶碗  茶道具 共箱 人間国宝 

慈光では、茶道具、陶器の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は加藤孝造の志野茶碗です。加藤孝造(1935年生まれ)は、岐阜県土岐群出身の陶芸家です。18歳の時、日展で最年少で洋画で入選し、後に陶器試験所で工芸の研究をしながら洋画を続けていました。人間国宝の荒川豊蔵の志野茶碗に出会い、25歳で陶芸一筋の道へ入ります。その後、みるみる頭角を現し、日本伝統工芸展初入選や日本工芸会正会員など受賞し『炎の使い手』として知られるようになりました。志野、瀬戸黒、鼠志野、黄瀬戸などを中心に素晴らしい作品を制作し、国内外でも高い評価を得ました。2010年に瀬戸黒の重要無形文化財保持者(人間国宝)として認定されます。

 

こちらの茶碗は、存在感と迫力があり、色合いも鮮明ながら奥行があり落ち着いた風格があります。肌感も良く、茶碗のどこをとっても見応えのある作品です。

At Jiko, we sell and purchase tea ceremony utensils and ceramics.

The item introduced here is a Shino tea bowl by Kozo Kato . Kozo Kato (born in 1935) is a ceramic artist from Toki-gun, Gifu Prefecture, Japan. 18 years old, he was the youngest person to be selected for the Nitten exhibition for Western-style painting, and later continued Western-style painting while studying crafts at the Ceramic Testing Laboratory. At the age of 25, he started his career as a ceramic artist after encountering Shino tea bowls made by Toyozo Arakawa, a living national treasure. He quickly rose to prominence, winning awards such as the first prize at the Japan Traditional Crafts Exhibition and becoming a regular member of the Japan Crafts Association, and became known as a “flame wielder. In 2010, he was certified as the holder of Important Intangible Cultural Asset (Living National Treasure) for Setoguro.

 

This tea bowl has presence and power, and while the color is clear, it has depth and calm elegance. The texture is also good, and every part of the bowl is worth seeing.

Shino Tea Bowl by Living National Treasure Kozo Kato is for sale.

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光

167-0042

東京都杉並区西荻北4-8-8

TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

For inquiries, please contact
info@antiquesjikoh.com
(Antique Net Jiko Co.

4-8-8 Nishiogikita, Suginami-ku, Tokyo

TEL/FAX 03-3395-7481

For purchase inquiries, please contact us at TEL/ 03-5382-5171
Business hours: 10:00-18:00 (closed on Wednesdays)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop