TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

酒井田正( 14代 酒井田柿右衛門 )「錦 秋草文 壺」を、販売しております。

酒井田正( 14代 酒井田柿右衛門 )「錦 秋草文 壺」 花器 花瓶 共箱

慈光ヤフーショッピング 酒井田正( 14代 酒井田柿右衛門 )「錦 秋草文 壺」 花器 花瓶 共箱

慈光では、陶器、陶磁器の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、酒井田正(14代酒井田柿右衛門)の壺です。

酒井田正は、1934年に13代柿右衛門の息子として生まれ、高校では祖父の勧めで美術部に所属、その後、多摩美術大学の日本画を専攻し、絵付けの基本を習得しました。卒業後は、父に弟子入り12代、13代の『濁手』の技法を下積みしながら、習得していき若くして実力を付けていきます。若くして才能を認められ、人気も得ました。2001年に2001年に「色絵磁器」の重要無形文化財保持者となり人間国宝に認定されました。また広く後進の育成にも力を入れたことでも知られております。

こちらの壺は、1980年(昭和55年)頃の作品であり、1982年の14代襲名する「色絵磁器」の保持者40代半ばの勢いのある時期と言っても良いでしょう。ちょうど80年代は、海外に進出、アメリカでの出品で、サンフランシスコ市長から名誉市民号を贈られるなど、国内問わず世界でも高い評価をえた時期でもありました。

秋草文と題した壺は、絵付けは繊細ながら力強さがあります。秋を感じさせる鮮やかな彩りは、非常に見応えがあり、直径30cm、高さ24.5cmの壺に非常にバランスよく描かれた草花は、酒井田正の腕の見せ所でしょう。どこから見ても違った景色が楽しめます。

酒井田正( 14代 酒井田柿右衛門 )「錦 秋草文 壺」 花器 花瓶 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171の
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

立川広己作『老木と風景』を、店頭にて販売しております。

立川広己は、1949東京都品川区で生まれ、武蔵野美術大学にて洋画を学びました。

美術展覧会・公募展で数々の作品が入選・入賞し、美術館や政府系機関などをはじめとして作品が買い上げられ、専業画家となります。

若き日より佐伯祐三の作品、フォーヴィスムに憧れ自由奔放に、また豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を創り上げました。

画廊やデパートにおいて発表される作品は、『薔薇図』をはじめとする『華麗なる花々シリーズ』華やかで自由なスタイルを貫きました。

また、古木、風景画、人物画、抽象画『JAZZシリーズ』など、作品はモチーフを限定することはなく、多彩に制作しています。

安定した人気作家となってからも、表現活動発表の場と捉え、毎年公募展への大作出展を続けています。

こちらの『老木と風景』は、立川が大学在学中24歳の頃制作された作品で、キャンバスの裏面にタイトルと経歴が書かれています。

鮮やかな色彩と眩い光が織りなす世界を表現した彼の花の作品とは対照的ですが、

大胆な筆致と確かな描写力で描かれ、よく見ると、印刷物を切り取ってコラージュし、絵具を塗り重ねたマチエールなど味わい深い作品となっています。

慈光店舗にて販売中です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

奥津 一心斎の棗『秋蒔絵 乾漆大棗』を、ヤフーショッピングで販売しております。

 

アンティーク慈光ヤフーショッピング 奥津 一心斎 棗 秋蒔絵 乾漆大棗

慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

蒔絵師、奥津一心斎は昭和10年に大阪で生まれ。大阪の寝屋川の作家さんです。蒔絵師の父、奥津洋方に師事しました。

こちらの作品は蒔絵が優美に施された美しい作品です。漆を何度も塗り重ねる贅沢な乾漆技法で作られております。また黄緑色にやや茶色味がかった威光茶色が際立っております。威光茶色は水戸徳川家の祖、徳川家康の十一男が好んだ色です。本体は7cm×7cmで使いやすい大きさです。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

大和保男のぐい呑を、ヤフーショッピングで販売しております。

大和保男 萩焼 ぐい呑 酒器 共箱 

慈光ヤフーショッピング 大和保男 萩焼 ぐい呑 酒器 共箱 

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、萩焼の作家、大和保男のぐい吞です。

大和保男は、1933年に山口県で生まれ、父は大和春信(春信松緑窯)で、父から萩焼の指導を受け中学生の頃には、一人前の職人になり、若くして蹴りロクロを修練しました。ピカソに傾倒し、現代美術にも影響を受けながら、伝統工芸の技を習得しました。日本のみならず世界でも活躍し、スペイン、アメリカ、イギリスなどに、作品を収蔵しまた。1988年には、山口県指定無形文化財萩焼保持者に認定されました。

大和保男の作品は、様々な技術と感性で、斬新なものから、伝統的なものまで、自由な作風が特徴です。こちらのぐい吞みは見る角度によって景色が変わり味わいのあるぐい吞です。

 

 

大和保男 略歴

1933年 山口市宮野大山路に生まれる

1959年 日展初入選以後12回入選

1960年 西日本工芸展優秀賞受賞

1975年 日本伝統工芸展初入選以後連続入選

1988年 山口県指定無形文化財萩焼保持者認定。日本工芸会理事・日本工芸会山口支部幹事長

1989年 芸術文化功労山口県選奨受賞

1993年 イギリス・大英博物館に作品収蔵

2000年 伊勢神宮に作品収蔵

2007年 旭日小綬章受章

2012年 天皇陛下に作品献上

現在 山口県指定無形文化財「萩焼」保持者、日本工芸会山口支部参与、山口県立大学栄誉教授

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

二代目 和田瑾齋 作『金蘭鶯宿梅蒔絵菓子器』を、買取させて頂きました。

こちらの『金襴鶯宿梅蒔絵菓子器』は株式会社三好商会の新社屋落成記念品として、銀座・和光で販売されたものです。漆芸作家の2代目・和田瑾齋が試作を重ね、

素材は栃材を用い、伝統的な山中漆器の技法による漆仕上げとなっています。

金襴鶯宿梅の美しい蒔絵は、平安時代後期から和歌を題材とした蒔絵が盛んに行われ、こちらの蒔絵もこの故事にならったものと言われています。本体、蓋の縁が銀製

のようなもので仕上がっております。銀製かと思われますが、刻印がないため銀製保証はありませんが、漆特有の伝統的な感覚と実用性を持ったものです。

二代 和田瑾齋(昭二)

・金沢美術工芸専門学校漆工芸科卒
・日展 北陸現代美術工芸展出品
・日本クラフト展出品
・石川県産業工芸展最高賞受賞
・銀座松屋 池袋西武 金沢大和 各百貨店 ギャラリー等にて個展
・ビック山中展グランプリ受賞
・石川県山中町立漆器研究所所長
・石川県山中町教育委員長等歴任

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop