TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

" 日本の工芸品 "の記事一覧(122件)

杉並区にて無形文化財、小森久/徳田義成 作、名古屋帯を買取させていただきました。

杉並区にて無形文化財、小森久/徳田義成 作、名古屋帯を買取させていただきました。 小森久は草木染の染匠であり、日本古来から伝わる植物の実や根や花などを使って染物をおこなっています。 徳田義成は七百余年・・・

松本民芸社の家具が入荷しました

松本民芸社の家具

本日の入荷情報は『松本民芸社の家具』 ここのところ松本民芸に限らず民芸家具の買取りが続きます。 若い人達には北欧風家具やデザイン家具が人気で日本の造りの良い民芸家具は、なかなか難しいようです。 その為・・・

九州民芸家具社の椅子が入荷しました。

九州民芸家具

本日の入荷情報は『九州民芸家具社の椅子』 八月、ここで紹介した松本民芸家具社の南京子椅子と同形状の椅子で今回は九州民芸家具社の品です。 民芸家具工房でも各社で造りや色目が違い観察すると興味がわいてきま・・・

世田谷区にて人間国宝、吉田文之作ループタイを買取させて頂きました。

吉田文之は奈良県出身の象牙工芸家です。16歳より父、立斎に師事し、32歳で独立。 正倉院宝物の紅牙撥鏤尺の復元、ぼかしの効果や工具の考案など撥鏤技法を追求し、日本の工芸において大きな功績を多数残しまし・・・

民藝作家の島岡達三、船木研児の陶器を買取させて頂きました。

  民藝という言葉は哲学者の柳宗悦が民衆的工芸の意から作られた造語です。 柳宗悦は民衆の暮らしのなかにある日常的な美に価値を見出し、浜田庄司、富本憲吉、河井寛次郎らと共に民芸運動をおこないま・・・


PageTop