TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

練馬区にて下賜品・銀盃を買取させて頂きました。

銀盃

練馬区にて下賜品・銀盃を買取させて頂きました。

皇室下賜品とは、皇室や宮家に対して功績があった場合や、皇室のためにお勤めをしたときに賜るのことです。

菊の御紋の他にも、各宮家の家紋があります。

因みに、天皇家の紋章は「菊の御紋」ですが、鎌倉時代に後鳥羽《ごとば》上皇が用いたのが、その起源であるとされています。

皇室の家紋が配してある銀盃などは、付加価値があり銀の値段よりも高めで売れる場合があります。

買取させて頂きました銀盃は、3客あり重量もありました。

こちらの商品は、近日ヤフオク出品予定です。

ご自宅に銀製品のものがありましたら、慈光にご相談ください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

練馬区にて、アウガルテンのマリア・テレジアを買取させて頂きました。

アウガルテン

練馬区にて、アウガルテンのマリア・テレジアを買取させて頂きました。

1744年、アウガルテンは女帝マリアテレジアによって皇室直属の磁器窯に命じられ、 その証としてパプスブルク皇室の楯型紋章を授かるという栄光を手にします。

表的な絵柄のひとつマリア・テレジアという名前は、アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたものです。

花の種類は、スミレ・スイセン・ストローフラワー・イヌ薔薇(野ばら)・ヒナギク(デイジー)・バラの6種類あります。

 

アウガルテン2

買取させていただいたマリア・テレジアは珍しいフォルムのボウルでした。

造形的で絵付けも美しいアウガルテンいかがでしょうか?

こちら店頭にて販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

勲六等単光旭日章や勲五等瑞宝章など買取させていただきました。

勲六等単光旭日章

勲五等瑞宝章

勲六等単光旭日章や勲五等瑞宝章などを買取させていただきました。

旭日章は、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方

瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方が授与される勲章です。

日本の勲章制度は、欧米各国の例に習い明治から始まりました。

それ以前に、薩摩藩がパリ万博で薩摩琉球国勲章をナポレオン3世などに授与しており、

これが最初の西欧式勲章と言われています。

 

旭日章や瑞宝章の他にも従軍記章や皇室関連の勲章など、様々な勲章が存在します。

中でも金鵄勲章などは、武勲をあげた人にしか授与されなかったので人気があります。

 

慈光では、勲章の買取も行なっております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

練馬区にて小泉癸巳男の復刻版画を買取させていただきました。

小泉癸巳男

練馬区にて小泉癸巳男の復刻版画を買取させていただきました。

豊島区制施行60周年を記念して制作された復刻版画です。

版画は昭和大東京百図絵の第四十三景 豊島区・鬼子母神の榎並木です。

小泉癸巳男は昭和大東京百図絵をライフワークとし、戦前の焼野原になる前の東京を見ることができます。

氏は木版職人から版画家へと転身した稀有な作家で、生涯にわたり自画自刻自摺を丁寧に実践した版画家でした。

 

略歴

1893年(明治26)、静岡市生まれ。1909年(明治42)、上京し、日本水彩画会研究所に入り、戸張孤雁、織田一磨に師事した。

同校を3年で退学し、堀越貫一の彫版所に入り、恩地孝四郎や永瀬義郎の作品に触れ、1913年(大正2)年頃から木版画を始める。

1922年(大正11)、大河内信敬や早目泰とともに雑誌『君と僕』を創刊。1924年(大正13)、『木版画の彫り方と刷り方』を出版する。

1929年(昭和4)、春陽会版画部に出品するとともに、旭正秀らと『版画』を創刊する。代表作は「昭和東京百図絵」。1945年(昭和20)、死去。

 

近日、ヤフオク出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

竹田鎮三郎 の限定70部のリトグラフ・版画を練馬区にて買い取り致しました

竹田鎮三郎 リトグラフ
1935年愛知県生まれの画家・版画家である竹田鎮三郎のリトグラフ作品を最近買い取りさせていただきました。
竹田氏は東京芸大を卒業した1957年の第1回東京国際版画ビエンナーレ展で入選を果たし、版画界の新星のひとりと認められるも、当時の画壇で支配的であった抽象画に馴染めなかったとのことで、同郷の北川民次に弟子入りすると、その影響から、メキシコ美術の「魔術的リアリズム」に魅了されそれらを直に見るため、1963年にメキシコに渡ります。その後半世紀以上に亘り、日系メキシコ人となった彼は、メキシコの大地に根ざした油彩、版画作品を、現地で教鞭も執りつつ制作し続けています。
当版画は、長いメキシコ逗留にあっても時折帰日されていた何時ぞやのタイミングで制作されたものかなと推察されます。2012年に叙勲(瑞宝中綬章)されたのと関わりがあるかもしれません。残念ながら主題、画題が不明なのですが、おそらくはメキシコで11月のあたまに催される、日本のお盆やキリスト教圏のハローウィンに比較される伝統行事・祝祭である『死者の日』において、お供えものを運ぶ娘たちを描いたものなのではないでしょうか。氏の根拠地となっているオアハカ州でとりわけ盛大に取り行われる祭事だといわれますし、また全体の薄い黄色の色調は、祭りの花マリーゴールドに重なります。軽く厳粛さを湛えつつも暗さや重さが希薄なのは、本邦の死者追悼とは大いに趣が異なるようです。
近いうちにヤフーショッピングに出品の予定ですので商品の仔細はそちらにてお確かめください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop