TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

金田鹿男の小紋三島手花生が入荷しました

 

金田鹿男の小紋三島手花生がアンティーク慈光に入荷しました。

 

師は練上手の技法でしられる、人間国宝の松井康成ですが、師のまねをする事はせず、シンプルな象嵌三島の技法を貫いています。

 

金田さんの作品はリズミカルで繊細な紋様が特徴的ですが、模様の複雑さとは変わって柔らかい印象をうけます。

謙虚でモダンな雰囲気があり、和室、洋室問わず、部屋に飾る事のできる一品です。

 

略歴

1938年茨城県生まれ

人間国宝、松井康成に師事

1975年伝統工芸新作展に入選

1976年日本伝統工芸展に入選

日本伝統工芸展正会員

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

オンラインショッピングにて加藤重高「角鉢」販売しております。

 

加藤重高 略歴

1927年 瀬戸市に生れる
1966年 日展特選北斗賞 受賞
1967年 日本陶磁協会賞 受賞
1970年 日本現代工芸展工芸賞 受賞
1971年 この年以降、作品発表を主に個展とし東京・名古屋・大阪・九州・北海道と全国 各地で個展開催全国各地に陶壁制作
1990年 「加藤重高作品集」講談社より出版1997 「土よ炎よ」風媒社より出版
1998年 名古屋芸術特賞 受賞
2003年 英文の「現代日本工芸の巨匠」       シリーズ掲載
2008年 「加藤唐九郎・重高・高宏 ― 窯ぐれ三代展 ―」

 

瀬戸焼の巨匠、加藤唐九郎の子供として生まれ、その父に陶芸の基礎から応用までを学ぶこととなります。

初期の作風は、芸術指向の多い作品が多かったそうですが、制作過程を見つめ直し作風を変え様々な賞を獲得し

活躍していきます。

今回紹介させて頂いた織部焼の他にも、志野焼/黄瀬戸/唐津など 幅広い作域を手掛けており

伝統的な作風は愛陶家たちを今もなお魅了し続けています。

ヤフーショッピングにて加藤重高「角鉢」販売しております。

詳しくはこちら→加藤重高 織部 角鉢

 

慈光では、陶磁器の買取も行っております。

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171

 

商品のお問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

 

 

七福神の置物が入荷しました。

 

七福神の置物がアンティーク慈光に入荷しました。

 

今回入荷した神様は、恵比寿天と大黒天で、どちらも商売繁盛のご利益があると言われている神様です。

こちらの置物は、陶器のため、外に置くことも可能です。高さは63センチほどあり、迫力があります。

 

土をこねて作った陶器には地の良い気が入っていると言われており、こだわりのある人は花瓶など、陶器の置物を玄関に置くそうです。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

オンラインショップに茶道具を多数出品しました。

ヤフーショッピングに茶道具のカテゴリーを追加しました。

追加した茶道具をご紹介致します。

今井政之 「黄伊羅保」 平茶碗

今井政之 「碧白釉」 建水 京焼

今井政之 略歴

1943年、父の郷里広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)に移り住む。
広島県立竹原工業学校(現・広島県立竹原高校)卒業後、岡山県備前市に赴き備前焼の修行を始める。
1952年京都に移り、初代勝尾青龍洞の門に入り楠部彌弌に師事。
1953年発足した青陶会創立メンバーとなる。
同年、第9回日展に初入選。
1959年、第2回新日展、1963年、第6回新日展にて特選・北斗賞を受賞。
1965年、異例の早さで日展審査員を務める。
1976年に評議員、1998年に理事に就任し以降、日展重鎮作家としての地位を築く。
1993年京都府文化功労賞、紺綬褒章。
1995年毎日芸術賞。
1998年「赫窯双蟹」で日本芸術院賞。
2003年日本芸術院会員、常務理事。
2008年京都府文化賞特別功労賞。
2009年旭日中綬章受章。
国際陶芸アカデミー会員、京都文化財団理事などを務める。
2011年文化功労者。
苔泥彩とよばれる独特の技法を生みだし現代陶芸界に独自の領域を開拓[1]。花や魚の模様を象嵌する技法の第一人者として知られ海外でも高い評価受けている。

藤平伸 呉須茶碗 茶道具

藤平伸 穂文茶碗 茶道具

藤平伸 略歴
1944 京都高等工芸学校に入学 病気のため中途退学
1945 藤平陶芸にて作陶
1957 第13回 日展にて特選・北斗賞受賞
1960 イタリア・フィレンツェ国際陶芸展
1963 第6回新日展にて菊花賞受賞 京都府文化功労賞受賞
1968 現代陶芸の新世代展 陶芸の現在−京都から展
1970 現代の陶芸ヨーロッパと日本展
1973 日本陶磁協会賞受賞
1974 中南米巡回展
1976 東独巡回日本陶磁名品展
1978 西ドイツ巡回日本陶磁名品展
1982 アメリカ・カナダ巡回展
1983 現代日本の工芸展
1985 現代日本美術の展望展
1990 京都美術文化大賞受賞
1991 京都市文化功労賞受賞

 

 

西川実 「流白釉」 茶碗

西川実

来日展審査員叶光夫氏に師事。
楠部主宰の青銅会会員。
日展第四科連年入選。
日展特選受賞。

京都東山区在住。

 

輝かしい実績をもっている3人の陶芸家の作品です。

それぞれ唐物・和物と個性が違い、その時の気分で茶碗を変えてお茶を楽しむのも良いかもしれませんね。

慈光では、まだ紹介しきれない茶道具がまだあります。

ご近くの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

茶道具の買い取りも行っておりますので、ご相談下さい。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

皿谷実の茶道具が入荷しました。

 

 

皿谷実の茶道具がアンティーク慈光に入荷しました。

 

青みのある釉薬が美しく 、柔らかい印象のかたちと色合いが見ているだけで穏やかな気持ちになります。

奇をてらった造形ではないので、茶道以外でも、普段使いしたくなる器です。

 

皿谷実  陶歴

昭和16年 3月生

昭和39年  京都市立美術大学陶磁器科学卒
師 富本憲吉、近藤悠三、藤本能道、清水九兵衛

昭和39年 日展入選 以後30回入選
現代工芸美術展入選

昭和52年 日本新工芸家連盟発会 委員
昭和54年 光風会会友
日本新工芸創立展出品
箱根新工芸展出品

昭和55年 光風会会員
第8回中日国際陶芸展にて「赫生」名古屋市長賞
イタリア、ファエンツアコンクール ‘80国際陶芸展に出品
第2回日本新工芸展にて「赫韻」外務省買上げ
箱根の森美術館における「第6回明日をひらく新工芸展」にて優秀賞

昭和56年  第3回日本新工芸広島巡回展にて広島県知事賞

昭和58年  光風会審査員評議員

昭和61年  第3回田部美術館大賞
「茶の湯造形展」にて奨励賞

昭和63年  光風会 退会
創工会 会員

平成2年  第7回田部美術館大賞
「茶の湯造形展」にて奨励賞

平成3年  第2回陶芸ビエンナーレ‘91入選
第11回日本陶芸展入選

平成8年  第6回日工会展にて日工会会長賞

平成9年   第14回田部美術館大賞
「茶の湯造形展」にて奨励賞

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop