TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

西嶋勝之の限定500枚木版画『白木屋』を中野区にて買い取りいたしました

西嶋勝之 白木屋 木版画
山口県出身の西嶋勝之による、伝統的な落ち着いた和の興趣に満ちた木版画 『白木屋』 を先頃買い取りさせていただいております。
西嶋氏は1945年の生まれで、60年代後半に京都にて木版画の技術を習得し、早々に独立展への出品を開始、70年代初めから本格的に創作版画に着手し、その後数多の個展、版画展を海外含め各地にて催しております。80年代半ば以降は版画教育の方面へも注力なされたようで、『版画入門』という書籍を出版、版画教室で講師をなさることもあったようです。
彼の作風は他を見ましても終始一貫、京都などの日本の古風な街並みを、派手さを排しひたすら実直に切り取っており、21世紀の今日ではもはや身近で殆んど目にし得ない光景が、見る側の懐古趣味を刺激するようです。
なおここでいう創作版画とは、大正末期から昭和戦前にかけて勃興し近年再評価・脚光の著しい、ムーブメントとしてのそれ(乃至新版画)とは完全に別ものです。特定の団体には属さないとみられるとはいえ彼自身が、東京国際版画ビエンナーレ展の開催(1957~79)に象徴される、当時盛大に進行したといわれる国産版画の国際化と大衆化の潮流に刺激された面はあったでしょう。それでも版画界の趨勢に反し木版以外の多彩な技法・技術を導入するのを拒み伝統的な手法と作風を堅持されたのはある種昔気質の職人さながら。半世紀くらい経つとは申せ、時代・歴史的にはまだ新しいため、その作品の評価はまだ定まっていないという以前にまだその議論の俎上に載っていないという状況ではないかとも推測され、ピークをもたらした棟方志功や池田満寿夫らより後に出た世代の現代の版画、版画家全般にとって大きな課題が残るといえるかもしれません。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

彩色木版の江戸和本 本間百里著『服色図解』をヤフオク!に出品中です

本間百里著 服色図解 1816 (文化13) 年
江戸時代後期の武士で有職家の本間百里が著わした『服飾図解』という古書をただいまヤフオクに出品いたしております。
本間百里(1784~1854)は、今日の岩手県は陸奥一関藩の藩士で、京に赴き公家の家に出入りして斯学の造詣を深め、その間に種々の免許を授かった、当時の有職故実の大家。公家・武家の装束を取り扱う高倉流の衣紋(えもん)方であり、江戸で活躍し、関東以北の諸大名は挙って氏の教えを請うたといわれます。
今回出品の『服飾図解』は氏の代表的な著作のひとつとされ、紙数はそう多くはない中で簡潔に当世の礼式服飾についてが取り纏められておるようです。
彩色版画で印象深いものとして、かつて当ブログで扱いました幸埜 [幸野] 楳嶺画の『千種之花』 全4巻揃い (明治22~24年刊行) を思い出します。あちらは明治の出版でしたが、本書の版画も色残りが良好で、夥しい虫食いが無ければ、紙質の良さも手伝い、とても二百年以上前の摺りとは信じ難いほどです。しかも、図のすべてにというわけではありませんが、空摺りの技法(凸凹をつける、一種のエンボス加工ですね現代風に言えば)が施されており、図柄に立体感と煌びやかさが際立っているものもあり、とても興味深く出品作業を進ませて頂いた次第です。
斯界では夙に知られた著名な本のようですが、出版社の明記が無く、師の属した一関藩で刷られた私製本になるのでしょうか?また表装、表紙が綺麗過ぎるのには些か引っ掛かりを覚えます。果たして本当に文化十三年=1816年に発行された実物、本物であるのか、内心戦々恐々、訝しみを抑えつつ恐る恐るの出品であります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

奥山儀八郎の木版画 『能登新七尾八景』(1943年制作)をヤフオク!に出品中です

奥山儀八郎『能登新七尾八景』木版画 7枚 (1943年制作)
一般には商業広告版画家として、ニッカウヰスキーのポスター・ウイスキーラベルのデザインを木版画で制作したことで広く知られます奥山儀八郎(1907-1981)が、伝統版画技法に回帰・没頭した時期であると思われます1940年代、しかも戦中に八枚連作として出版した『能登新七尾八景』(1943年制作)を、ただいまヤフオク!に出品いたしております。
目下弊社が他にも出品中の「新版画」(必ずしも新技法や革新を伴ったものではない)の類型に連なるものといえる、西洋絵画やマンガ、アニメに慣れた現代日本人の眼からはむしろ懐かしさを覚えるのを抑え難い版画作品群となりましょう。
惜しむらくは今回は8枚揃いとは参らず、最終作と思われる「長浦街道の雨」を除いた7作のみでの出品となっていることですが、それでも8枚全作が国立美術館に収蔵されているこれらの秀作木版画をまとめて入手できる機会は滅多にないのではないかと。
1928年にニッケ(日本毛織株式会社; ニッカと紛らわしいw)の宣伝部の専属となったことから広告用創作版画家としてのキャリアをスタートした奥山氏が、何故伝統木版方式へのめり込んだのか、当時の戦争ムードや国家主義的風潮といった時代背景もあるのかもしれませんが、大いに気になるところです。なお1950年代以降は、習得した伝統技法を踏まえつつ、千葉の松戸の工房を開き(1954)、ゴッホやロートレックを扱うなど多種多様な制作を行う創作版画に主軸を移しています。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 


PageTop