TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

世田谷区にてレンジファインダーのキャノンカメラを買取させて頂きました。

キャノン レンジファインダー

世田谷区にてレンジファインダーのキャノンカメラを買取させて頂きました。

形状から見てIV Sb型ではないかと思います。

1952年(昭和27年)12月に登場した「IV Sb型」は、35mmレンジファインダーカメラとして、

世界で初めてスピードライトに同調する機能を搭載していたそうです。

この頃のキャノンはライカのコピーなので、マウントもスクリューマウントです。

この2年後に「IV Sb改型」を発売しますがレンジファインダーの概念を覆す完成度の高いライカM3の登場によりカメラ業界に大きな変革が起きます。

ライカM3のコピーは難しく、日本のカメラはレンジファインダーから一眼レフへと開発の軸を変更し新しいカメラとして、世界に受け入れられていきます。

時代は一眼レフからミラーレスへと進化しましたが、レンジファインダーの人気は根強くボディ・レンズともに人気があります。

 

慈光では、カメラの買取も行っているのでご相談ください。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

練馬区にてコンタックス アリアの一眼レフを買取させて頂きました。

コンタックス アリア

練馬区にてコンタックス アリアの一眼レフを買取させて頂きました。

コンタックスのマニュアルフォーカス最後の機種となります。

小型で軽量なので手軽に持ち運べて撮影できそうです。

460gなので女性の方にもおすすめです。

 

個人的にはシンプルなデザインで非常に気に入っています。

何よりツァイスのレンズが使用可能なのが良いです。

残念なことに裏蓋は加水分解によってベタつきがありますが、

ノンシリコンスプレーや重曹などでキレイになると思います。

 

コンタックス アリアは近日ヤフオク出品予定です。

慈光では、フィルムカメラ・オールドレンズの買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

杉並区にて戦時中の貴重な資料・写真帖を買取させて頂きました。

写真帖1

戦時中の貴重な資料・写真帖を買取させて頂きました。

写真帖の写真は小さいサイズが多いのですが、こちらはA4サイズぐらいで大きく見応えがあります。

この他、日中戦争時における熱河作戦、イタリア空軍航空機、ボクシング大会など当時話題になった出来事の写真が収められています。

当時の雰囲気を感じ取れる貴重な資料の数々、とても良いものを買取させて頂きました。

慈光では、戦前・中の写真や絵葉書などの買取も行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

カナダ モントリオールオリンピック記念銀貨を買取させて頂きました。

カナダ モントリオールオリンピック記念銀貨を買取させて頂きました。

1976年に行われてカナダ モントリオールオリンピックの記念銀貨です。

この記念銀貨の裏面は様々なデザインがありコレクターには人気がある記念銀貨です。

カナダオリンピック

10ドル裏面のデザインはパルテノン神殿でしょうか、残り3個の銀貨は違うデザインの銀貨が入っています。

品位は925で量目は:10ドル 48.6g、5ドル 24.3gとされています。

慈光では記念硬貨や古銭などの買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

大相撲 大鵬親方のサイン色紙を買い取りさせていただきました

大相撲 大鵬親方 サイン色紙 『鯤 寿』
昭和の大横綱として1960年代に全盛期を迎え、白鵬に破られるまで幕内最高優勝記録(32回)を保持し、相撲界で初の文化功労者となり、死後に国民栄誉賞を賜った、大鵬のサイン色紙を買い取りさせていただいております。
大鵬部屋の封筒に入った状態でありまして、現役時代に遡る古いものではないようですが、真正かつ直筆のサインに間違いは無かろうかと思われます品です。
大鵬関・親方ご本人につきましては詳細を極めますウィキなどをご参考にしていただくといたして、一般的な約25センチ角の色紙に大書きされたふた文字に注目してみます。
名前脇の『寿』(終いの点を右上に撥ね上げるのが癖のよう)はよく書かれていたのに対して、右上のサカナ偏のひと文字が珍しいかもしれません。確証はありませんが、どうやら『鯤』コン(伝説上の巨大な魚のこと)と推定されます。
鯤の出典は、中国の古典『荘子 逍遥遊』中の、「鯤之大不知其千里也、化而為鳥、其名為大鵬(鯤は大いに之(ゆ)き、その千里を知らずや、而して鳥に化けすと、その名は大鵬と為す」にあり、漢書好きな親方二所ノ関とっておきの四股名であった模様です。大魚が化けた伝説上の巨大な鳥に由来するのが大鵬ということになりますが、一歩間違うと「大鯤」ダイコンという珍名になっていたかもしれません。
高度経済成長期の流行語『巨人 大鵬 卵焼き』といわれてももはやピンと来ない世代の方々が多かろうという令和新時代ではありますが、次週ヤフオク!出品の予定ですのでどうぞお楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop