TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

アフリカの木彫品などを買取させて頂きました。

アフリカアート アフリカアート アフリカアート アフリカアート

アフリカの木彫品やマスクなどを買取らさせていただきました。

アフリカンアートは、アニミズム信仰によって生み出された美術作品です。

アニミズム信仰とは、日本では精霊信仰や自然信仰などと言われています。

 

デザインは、シンメトリな物やリアリズムな物が少なく、歪んだ形や誇張した表現が好まれています。

アフリカンアートは、ピカソやマティスなどに影響を与え、彼らは深い感銘を受けたそうです。

今回、買取させて頂きました彫刻も体に比べて大きい頭など誇張した部分が多く、

アフリカ美術の特徴が出ています。

高さも76cmもあり、大変大きく立派な彫刻品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション


オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

 

PERDUEとL.Kleyのブロンズ像が入荷しました

 

PERDUEとL.Kleyのブロンズ像がアンティーク慈光に入荷しました。

 

ブロンズ像はサイズが大きくて重く、なかなか手を出しづらいイメージがあります。

本来でしたら、像に合わせて安定感のある台座や、しっかりした作りのテーブルが必要ですが、今回入荷したものは小ぶりなサイズで場所をとらないので、どんな場所でも飾りやすいです。一人でも気軽に移動できる重さで部屋のレイアウトもしやすく、また誤って倒してしまう心配もありません。

初めて購入するブロンズ像としてはおすすめの品です!

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

木彫り像の材質について

 

アフリカンブラッグウッド(グラナディラ)の木彫り像がアンティーク慈光に入荷しました。

 

アフリカ製の置物です。サインはなく、知識のない方ではどこのものかの判断がつきません。実際、店頭でもこの置物はどこのものですか?という質問をよくお客様からもらいます。では、どこで産地などを特定しているか?というと、モチーフになっているモデルも判断基準の一つですが、置物の材質が重要な判断基準となっています。

 

この木材はよく黒檀(エボニー)と間違われやすいのですが、全く別の木です。グラナディラはマメ科のアフリカ原産で、少し赤みがあって、光沢があり油分が多いです。黒檀のほうはカキノキ科に属しており、アジア圏に多く自生しており、黒く、グラナディラより油分が少なく光沢が少し弱い印象があります。

 

見た目が似ているのもあり、間違われやすいのですが、黒檀の代用品として多く世間に出回ってしまっているのも一つの原因かもしれません。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

 

 

東南アジアの木彫り女性像、入荷しました。

東南アジアの木彫り女性像がアンティーク慈光に入荷しました。

凛とした表情と装飾の美しい彫刻作品です。東南アジアで見られる頭上運搬の最中をかたどっていて、働く強い女性を感じさせます。スカート布の柔らかさもちゃんと表現しており、技巧の高さがあります。頭上にのせてあるものは果物など、祭壇に供えられるお供え物(ガボガン)で、祭礼の際にバリ島などで見受けられるものです。作物などのイメージは生命力を感じさせます。縁起物の置物です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

 

 

北海道、アイヌの民芸品。木彫り熊(一刀彫り)杉並区にてお買い取りさせて頂きました。

北海道のお土産品としてまず頭に浮かぶのは、やはり熊の木彫りではないでしょうか。しかし、現在は以前に比べて影を潜めているとのことです。大正時代から、冬の収入源として始まった産業で大量に作られていました。価値としてはなかなか評価されてはいませんが、中にはクオリティーが高く一定の評価のあるものもあります。今回、写真に載せているものは豪快な一刀彫りであり、何十年も前にアイヌの人達が作ったものと思われます。

アンティーク慈光では様々な民芸品も扱っております。店舗には全国各地の様々な民芸品があります。ピンとくる掘り出し物があるかもしれません。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション


オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop