TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

山谷芳弘の岩彩画を店頭にて販売中です

山谷芳弘 岩彩画 春日 春蘭秋菊
津軽出身の岩彩と墨彩の画家、山谷芳弘(1936年生まれ)の目出度げな一枚、『春日』が入荷いたしております。
山谷は大学卒業後、教鞭を執る傍ら、独学にて墨彩・岩彩を学び、独自の世界を確立して行きました。津軽の匂いと温もりを感じさせる自由奔放で個性的な独特の絵画世界を展開し各方面で評価されているとのことです。
土人形をモデルとしたような本作では、上部に「春蘭秋菊」と掲げられてありますように、扇をかざす芸子、舞妓ひとりと、白菊の一輪挿しが、大きな赤だるまの前で、どちらが綺麗?と美を競っておる様が捉えられているようです。文字通りとは言えますが、含意に沿うならば美女二名を並べるべきところをむしろ捻られたようです。艶っぽさはあまり発せず、確かに郷愁プラス奥床しさに満ちて、なんとも言えない懐かしさを覚えます。また、年末年始であれば新春、正月向けとしてもお使いいただけたかもといった雰囲気です。
山谷氏は現在も津軽に在住で、各地で個展を開催するなど、地道に芸術活動を継続されているそうです。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

曲子光男 の直筆絵画 富士山図 を弊社店内にて販売しております

曲子光男 富士山図 真作
北海道出身でかつ北陸で幼少期を送った、自然との親しみ深さゆえでありましょうか、一貫して風景画を描き続けた日本画家、曲子光男 (1915~2011) による真筆作品、富士山画 (生憎タイトル不明) が先頃入荷し、現在店内にてディスプレイ、販売いたしております。
十代には西山翠嶂、川村曼舟らの指導を仰ぎ、二十歳過ぎには堂本印象に師事し、着実に画の道を進み、戦後になってから日展に連続出品・入選し、1952年には無鑑査出品を果たすまでになっています。最終的には日展参与になられ、また師の主催した私塾東丘社(画塾)の幹事長も務めました。
風景10号相当サイズ相当で、曲子氏の特徴でもある構図と色彩の雄大・重厚さ、明快・明瞭さが遺憾なく発揮されています。雲間とか波濤の白を盛り込むことが多いのも特徴的で、これらが景観の勇壮さを一層増すことに繋がっているのでしょう。また、見比べますと、色遣いやタッチ、全体の雰囲気には、師の堂本からの影響の強さが窺われます。
ところでこのマゲシという苗字はかなり独特ですが実際に非常に珍しく、現在京都に10人くらいいるだけだともいわれます、絵とは全く関係ないお話しにて失礼いたします。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

アボリジニ族ジミー・パイクのアボリジナルアート絵画作品を店頭販売中です

ボリジニ族ジミー・パイクのアボリジナルアート絵画
アフリカ先住民であるアボリジニ族の出であるジミー・パイク Jimmy Pike (1940頃~2002年)の作品を店頭販売いたしております。
文字を持たなかったアボリジニ(アボリジナル)は、数万年前から壁画などのかたちで絵を描き残しており、その伝統思想がこのパイクの抽象夢幻的な一作にも色濃く反映されているようです。
同族の芸術に通底します特徴は「ドリーミング」の思想、宗教概念に集約されるといわれます。ここでの「夢」とは、先史未開社会にありがちなアニミズムやスピリチュアリズムと、超越時間感覚を伴った祖先崇拝の混交した、複雑で独特な観念のようです。漠然とでありますが、上の絵からは1960年代のサイケデリックアートとか、あるいはかつて当ブログで紹介済みのメキシコ-ウィチョール族のアートと似た、陶酔感と瞑想ムードが醸し出されています。じっと見つめていますと、元々は描かれていない筈のもののイメージまで脳内を去来するよう。宗教心の薄いいち現代日本人といたしましてはそんな程度のところまでしか踏み込めずにおります。
パイク氏本人は1980年代にブレイク、アボリジニ・アートの第一人者のひとりとして、各国主要都市で個展が開かれるなど(日本では1987年に渋谷の西武で開催)、大きな注目を浴びたようです。当時の社会学や文化人類学の世界的盛り上がりも後押ししたのではないでしょうか。
本作はおそらくシルクスクリーン作品であろうかと拝察します。95部限定の55番とあり、タイトルも制作時期も不詳ですが、上記の西武での個展との関連があるのかも。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

田辺三重松 の油彩画 『雄阿寒岳』 をヤフオク!に出品中です

田辺三重松『雄阿寒岳』油彩画
終戦後の昭和の北海道を代表する洋画・風景画の巨匠、指導者といわれます田辺三重松(1897~1971)の油彩画 『雄阿寒岳』 をただいまヤフオク!に出品いたしております。
函館の生まれで、1950年代末に東京練馬に居を移してはおりますが、その画生を通じて故郷の北海道の大自然を専らの作画対象とし、力量感漲る筆致と豪胆な色遣いの風景画を多く残しています。
石井柏亭、安井曽太郎、児島善三郎らの薫陶を受け画力を磨き、二科展入選の常連となるなど戦中には画壇で認知され始めましたが、教職を離れて画業に専念したのは戦後になってから。敗戦直後の混迷期ながら、意欲的に活動し、行動美術協会と全北海道美術協会(全道展)の創立に他の同志と共に参画。その後も在野の画家として地道に邁進し、その成果として『夏の中禅寺湖』の制作を厚生省から依頼され、また『昭和新山』が文部省の買い上げとなるなど、昭和30年代にひとつのピークを迎えていた感があります。
その昭和30年代あたりから、おのが感動と情念を力強い輪郭線と色面の対比によって表現するスタイルへと傾斜を強めた(写実を離れたか)といいますので、本作もこの時期に描かれたものではないでしょうか。山腹に大胆に描き込まれた紅のうねりが異様な迫力を見る側に感じさせ、画幅30センチ弱というサイズを失念させます。
今回の雄阿寒岳は氏が何枚も描いている活火山、晩年には事故で右目の視力を失う不幸に遭いながらも描き続けたといいます、そのいかにも活力と荒々しさが本領の彼に似つかわしいテーマであるといえそうです。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

ヤフーショッピングで、森田沙伊の作品を販売しております。

森田沙伊 日本画 横額 タトウ付

森田沙伊 日本画 横額

 

慈光 ヤフーショッピング 

森田沙伊 日本画 横額 タトウ付

 

アンティーク慈光では、日本画、洋画、書画のお買い取り、販売を行なっております。

 

今回ご紹介する品物は、森田沙伊の横額です。鳥帽子を被った貴族でしょうか、寝殿造の建物で昼寝をしているのでしょうか。なんともゆったりたして穏やかな情景ですね。池の青と草の緑が彩色豊かに描かれております。桜が散り始め伸び伸びとした鳥の様子が暖かみを表しています。森田沙伊の画才や技術が堪能出来ます。

 

森田沙伊は、北海道道に生まれ、幼少期に四条派の佐々木蘭斎に学び、上京しました。東京美術学校では、日本画を専攻し、川合玉堂、結城素明に習い腕を磨きました。その後福田豊四郎、吉岡堅二と「美術人」を創刊しました。戦後、日展中心の作家として活動し、日本芸術院賞を受賞、勲三等瑞宝章も受賞しました。90歳を超えても作品を精力的に作り続け日本画の可能性を見出しました。

 

森田沙伊の画風は、構図を匠に操り、はっきりとした繊細な筆使い、バランスが非常に良い品のある彩色が特徴です。

 

略歴

1898年 北海道出身 本名、才一。

1923年 東京美術学校日本画科卒、帝展、文展に出品

1939年 文展特選

1940年より法隆寺壁画模写に従事。戦後は日展に出品

1958年 同評議員

1959年 日本芸術院賞受賞

1969年 日展理事、1975年日本芸術院会員

1976年 勲三等瑞宝章受章

作品は、慈光の店舗でも見れますので、ご近くで興味のある方はお越しください。

ヤフーショッピング

お問い合わせ先

info@antiquesjikoh.com

()アンティーク・ネット慈光

TEL/FAX 03-3395-7481

営業時間 10:0018:00(水曜日休)


PageTop