TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

雨宮敬子のブロンズ像 裸婦立像 を中野区にて買い取り致しました

雨宮敬子 裸婦立像
父治郎と弟純も彫刻家である、雨宮敬子 (あめのみや けいこ 1931~2019) のブロンズ像、裸婦像を買い取りさせていただいております。
敬子氏は日本大学芸術学部を卒業、北村西望、富永直樹に師事し、1957年に日展初入選を果たし、1994年には(父・弟と同様に)日本芸術院会員になられた、裸婦に焦点を当てた作品群でよく知られる彫刻家です。2017年には文化功労者となられましたが、約2年前にこの世を去られています。
一糸纏わぬ姿のうら若き女性が手すりか欄干に両肘でもたれ掛かってほぼ直立している全裸像ですが、彼女の作品全般の例に漏れず、猥雑さや煽情性や官能といった要素は殆んど感ぜられず、実に健全、健康的で清楚な女性美をとてもおおらかに表出しています。対象(モデル)に妙な力みや緊張感が無いのは作者が女性なればこそというところなのでしょうか。”A Girl Next Door” といった風情で、親しみ易さが溢れているようです。次週のヤフオク!に出品予定ですので、興味のおありの方は暫しお待ちいただきそちらをチェックなさって下さい。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

西嶋勝之の限定500枚木版画『白木屋』を中野区にて買い取りいたしました

西嶋勝之 白木屋 木版画
山口県出身の西嶋勝之による、伝統的な落ち着いた和の興趣に満ちた木版画 『白木屋』 を先頃買い取りさせていただいております。
西嶋氏は1945年の生まれで、60年代後半に京都にて木版画の技術を習得し、早々に独立展への出品を開始、70年代初めから本格的に創作版画に着手し、その後数多の個展、版画展を海外含め各地にて催しております。80年代半ば以降は版画教育の方面へも注力なされたようで、『版画入門』という書籍を出版、版画教室で講師をなさることもあったようです。
彼の作風は他を見ましても終始一貫、京都などの日本の古風な街並みを、派手さを排しひたすら実直に切り取っており、21世紀の今日ではもはや身近で殆んど目にし得ない光景が、見る側の懐古趣味を刺激するようです。
なおここでいう創作版画とは、大正末期から昭和戦前にかけて勃興し近年再評価・脚光の著しい、ムーブメントとしてのそれ(乃至新版画)とは完全に別ものです。特定の団体には属さないとみられるとはいえ彼自身が、東京国際版画ビエンナーレ展の開催(1957~79)に象徴される、当時盛大に進行したといわれる国産版画の国際化と大衆化の潮流に刺激された面はあったでしょう。それでも版画界の趨勢に反し木版以外の多彩な技法・技術を導入するのを拒み伝統的な手法と作風を堅持されたのはある種昔気質の職人さながら。半世紀くらい経つとは申せ、時代・歴史的にはまだ新しいため、その作品の評価はまだ定まっていないという以前にまだその議論の俎上に載っていないという状況ではないかとも推測され、ピークをもたらした棟方志功や池田満寿夫らより後に出た世代の現代の版画、版画家全般にとって大きな課題が残るといえるかもしれません。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)をお買い取りさせて頂きました。

アフリカ現代アート バーバーサイトボート

アフリカ アート バーバー サイトボート

アンティーク慈光では、絵画、アート作品のお買い取り販売を行なっております。

慈光店舗にて、アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)を販売しております。

アフリカの現代アートは、最近ではパリを中心に空前のブームと言われるほど、注目を集めています。

 

西洋美術にも影響を与えており、ピカソ、マティス、モディリアーニなど深い感銘を受けて作品に投影されています。

近代では、アフリカの独立の時代の流れとともに。60年代〜70年代、80年代〜90年代、現在と、アートブーム段階を得て斬新で独特ななアート作品、アーティストが活するなど、進化を続けています。

 

こちらのBarbers Sightboardは床屋の看板、80年代〜90年代に作られたもので、世田谷美術館が1995年に監修した「インサイドストーリー、同時代のアフリカ美術」の関連のものです。

 

ベニア板に、大胆に手描きされております。アメリカの50s、アメコミを連想させるような黒人のキャラクター、アフリカ独特な、ビビッドで、ディープな彩色、プリミティブな要素が加わり、独特なインパクトがあります。

 

 

中野区にて軍刀を買取させていただきました。

軍刀

中野区にて軍刀を買取させていただきました。

おそらく九八式軍刀ではないかと思います。

九八式軍刀は、初期は古作の日本刀が使用されたが、物資の少なくなると大量生産の刀身が使用されました。

外装は1等から4等級の品位が有り、鞘などは鮫皮巻又は漆塗木鞘等の特注品があった。

それらは個人の財力によって決定されたそうです。

大東亜戦争以降、物資の不足によって九八式軍刀と一括りにできない程の品質格差でありました。

その後、簡素な作りの三式軍刀に変わっていきます。

 

慈光では、旧日本軍関係の買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

中野区にて吉田博の木版画を買取させていただきました。

吉田博

中野区にて吉田博の木版画を買取させていただきました。

吉田博、没後70年ということで、東京都美術館で吉田博展が開催されています。

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博、

本作品は日本アルプス十二題の「鷲羽岳の野営」です。

まだ雪が残る標高3000メートル近い鷲羽岳で焚き火をしながらの野営、寒さに耐え自然の厳しさを描写しています。

雄大な自然を描く吉田博は、海外でも絶賛されイギリスのダイアナ妃や精神科医フロイトに愛されたいます。

この作品の日本アルプス十二題他2点、ヤフオク出品予定となっております。

お楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 


PageTop