TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

ロイヤルコペンハーゲン製イヤー(アニュアル)プレートのコレクションを買い取りさせていただきました

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート コレクション
弊社店舗までお持ち込みくださいましたお客様より、まとまった枚数のロイヤルコペンハーゲン製造イヤープレートを買い取りさせていただいております。
1908年に始まって連綿と今日までリリースされ続けている、深いブルーを基調とした、毎年様々な図案に意匠を凝らした、クリスマスなどの祝い事で御用達とされた/る飾皿です。他社が真似て追随した人気シリーズです。
惜しくも今回流石にそう古いものは含まれておりませんで、内訳は1970~90年代のもので占められており、それ以前の年代としては、蒐集された方にとっての何かの機縁・記念であったものと推察されます1932年がひとつ紛れ込んでいるだけであります。それを含めて、抜粋として写真で掲げましたのは、2008年の100周年記念4枚(5種類出ていたよう)、2000年のミレニアムプレート、1995年、1968年の都合8枚となります。
幸いにも大半に箱・封入紙片が残っています。年代で区切りまして複数枚のセットの形にてヤフオク!への出品を予定しておりますので、興味のおありの方はお楽しみにお待ちくださいませ。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

月岡芳年「黒田如水の儉」の浮世絵を中野区にて買取させて頂きました。

月岡芳年「黒田如水の儉」

月岡芳年「黒田如水の儉」の木版画を中野区にて買取させて頂きました。

月岡芳年(1839~92)は、幕末から明治時代前半にかけて活躍した浮世絵師です。

芳年は、衝撃的な無惨絵の描き手としても知られ、「血まみれ芳年」の二つ名でも呼ばれています。

作品も葛飾北斎に並んで多作で最後の浮世絵師とも言われています。

昭和世代は残虐なイメージが強く一般的な人には人気が無かったようです。

平成・令和となり再評価されるようになりました。

買取させて頂きました浮世絵は「黒田如水の儉」という題材のものになります。

おそらく錦絵修身談の挿絵かと思います。

状態は、経年があるため折れ・破れなどがありました。

慈光では、浮世絵の買取を行っております。

近日、ヤフオク出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

中野区にて柿右衛門と今右衛門の作品を買取させて頂きました。

柿右衛門今右衛門

中野区にて柿右衛門と今右衛門の作品を買取させて頂きました。

主にヨーロッパの貴族や富裕層を魅了した酒井田柿右衛門。

国内で献上品として認められた今泉今右衛門。

 

柿右衛門は貴族や富裕層向けに輸出されましたが、西洋で磁器生産が始まると

徐々に衰退していきました。

後に11代柿右衛門そして12代柿右衛門と高級色絵磁器に情熱を燃やし、12代・13代柿右衛門が濁し手を復活させます。

この功績が高い評価を得て、重要無形文化財の総合指定を受けました。

 

今右衛門は日本で唯一献上品として認めらました。江戸中期まで反映しましたが鍋島藩の衰退とともに今右衛門も衰退していきました。

鍋島全盛の作風を取り戻そうと作陶を始めたのが十代今右衛門でした。

今右衛門は墨で描いた文様の上に染付して焼き、墨が焼き飛び文様が白く抜き出される「墨はじき」という技法を発展させています。

14代今右衛門は2014年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。。

両作品は近日ヤフオク出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

加山又造原画の扇子 12代目市川團十郎 襲名披露記念品 を三鷹市にて買い取りいたしました

加山又造画 黒牡丹 扇子 末広 12代目市川團十郎 襲名披露の品
歌舞伎役者 「海老さま」こと市川海老蔵(11代目)の実父である故12代目市川團十郎が、その襲名(1985年)お披露目の記念として配られた扇子、末広を、買い取りさせていただいております。
「現代の琳派」とも称され、晩年に至るまで西洋的・現代的な感覚を採り入れることに貪欲さを保ち続けていた、戦後の日本画画壇の巨匠のひとり、文化勲章を賜る加山又造が原画を描いております。
細身ながら撓みのない扇の製作には、有名な京都の十松屋福井が当たっております。
縁起ものとされる黒牡丹を中央に配し、一面金色の背景が目出度さを一層強調しております。なお、どうやら当時には大輪の薄紅牡丹を描いたものとの一対で元々配られた形跡が窺われますが、この度は惜しくもこの男性向けかとも思われる黒牡丹の方1本だけで入って参りました。作られて30年以上も経つにしては保存状態は比較的良好、通常のようにヤフオク!へ出品の運びとなろうかと思いますので、暫しお待ちください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

杉並区にて喫煙具・パイプを買取させて頂きました。

パイプ

杉並区にて喫煙具・パイプを買取させて頂きました。

パイプとタバコの決定的違いは、その喫煙時間の長さにあると言われています。

パイプは5グラムのタバコで、2時間を越える事もあるそうです。

2時間の間、パイプを咥えながら色々と思案したり・コーヒー味わったり・読書したり・・・考えただけでもとても有意義な時間だと思います。

残念なことに私はタバコを吸わないので、その有意義な時間を楽しめることが出来ません。

パイプの他パイプスタンドも買取させて頂きました。

近日中にヤフオク出品予定です。

慈光では喫煙具・ライターやキセルの買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 


PageTop