TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

光石 造 薩摩焼 色絵金彩花草文三足香炉ヤフオク出品中です。

光石 造 薩摩焼 色絵金彩花草文三足香炉

光石 造 薩摩焼 色絵金彩花草文三足香炉ヤフオク出品中です。

薩摩焼とは、「白もん」と呼ばれる豪華絢爛な色絵錦手の陶器と「黒もん」と呼ばれる大衆向けの雑器に分かれる。初期の薩摩焼においては豊臣秀吉の文禄・慶長の役の際にて同行して来日した朝鮮人が島津義弘の保護の下に発展させました。

1867年にフランスの首都パリで開かれた万博に出展した際、とても好評だったため、幕末に欧米輸出用として京都で制作された物を京薩摩、

東京・横浜で制作され横浜港から輸出したものは横浜薩摩と名付けられました。

薩摩焼は、現在でも欧米の愛好家に人気があります。

精巧な造形と絵付けで定評のある坂下光雄氏の作品です。

お見逃し無く

坂下光雄(号光石)

坂下光石(光雄) 略歴
・1919年(大正 8年鹿児島県鹿屋市に生まれる
・1933年(昭和 8年)初代有山長太郎に師事
・1934年(昭和 9年)橋本正太郎窯に入り
橋本正太郎氏より 白薩摩の轆轤成形を、
森田七之助氏より透彫の技法を学ぶ
・1941年(昭和16年)京都・商工省陶磁器
試験場にて片面彫を学ぶ
・1963年(昭和38年)鹿児島県美術協会
公募展で文部大臣賞受賞
・1972年(昭和47年)薩摩陶器(株)
専務取締役に就任現地に築窯(光石窯)
・1974年(昭和49年)鹿児島市長より
受賞 南日本美術展、鹿児島陶芸展入選
・1981年(昭和56年) 県知事より技能賞受賞

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

圓鍔 勝三(えんつば かつぞう)のブロンズ像『女神像』を店舗販売しております。

圓鍔 勝三 えんつば かつぞう 女神像 ブロンズ像

慈光では、骨董品、美術品のお買い取り、販売を行っております。

 

現在、圓鍔勝三(1905-2003)のブロンズ像『女神像』を販売しております。圓鍔勝三は広島生まれました。学校卒業語は。京都の彫刻師である石割秀光に弟子入りしました。その後、関西美術院で彫刻を学びます。さらに芸術性を高めるため、日本美術学校の彫刻科に入学。在学中に帝展にて入選、卒業後は、澤田政廣に師事。更に高みを目指し、母が娘に紅を差す何気ない日常の一瞬を描写した作品が文展で特選を獲得しまし、若いころから才能を発揮しました。

戦後、更に高い評価を受け、たくさんの賞を受賞しました。そして多摩美術学校の教授、日展の理事や、日本彫刻家委員長を務めるなど、日本の彫刻美術に尽力しました。紺綬褒章や、勲三等瑞宝章なども受賞しております。

 

圓鍔勝三は、様々な表現方法を持ち、古典的な彫塑の要素を離れデフォルメを強調した作品や、彩色を施した彫刻、石や金属、ステンレスなど複数の素材を組み合わせた作品を発表しました。自らが見た夢を題材に選ぶなど抽象的な表現にも果敢に挑戦しました。、常に新たな表現を模索し、晩年まで作家活動を行い、生涯創作意欲が枯れることはなかった彫刻家です。

 

こちらの女性像は、勇往邁進な表情をしており、陰影が綺麗に出ています。ブロンズ本体の大きさは高さ約14cm今のと小さいサイズですが、今の時代にはない、奥行のある存在感があります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

中西美和作 茶碗 竹田益州書付が入荷しました。

こちらは中西美和作の茶碗で、共箱にはどちらも僧侶が付けた銘と僧侶の名前が書かれています。

『建仁益州』と書かれていることから、建仁寺の竹田益州であることが分かります。

京都の東山にある臨済宗建仁寺派の大本山である寺院・建仁寺の住職である竹田益州(1896~1989)は、昭和を代表する臨済宗の禅僧です。

竹田益州は渦の模様の茶碗には『渦しほ』、白覆湯滴茶碗には、『鎌倉山』と付けています。

『渦しほ』は、異なった色の土を重ね合わせて揉み込み模様を作る『練り上げ手』という技法を使い、偶然に出来た渦の模様により意外性があり、面白い作品となっています。

また『鎌倉山』は、『油滴天目』という技法で、全体に掛けられた漆黒の釉が価格反応で器の表面にあたかも油滴が飛び散ったような模様を作り出しています。

慈光ではこのような茶碗を取り揃えておりますので、店頭にてご覧ください。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

奥谷博のリトグラフ版画、ヤフオク出品中です。

奥谷博

奥谷博のリトグラフ版画、ヤフオク出品中です。

奥谷博は日本の洋画家で、2017年に文化勲章を授与されました。

1955年東京芸術大学美術学部油絵科に入学し、1959年卒業する。

1963年東京芸術大学美術学部専攻科を修了、大橋賞を受賞する。この間、油絵科4年に進級して林武に師事します。

1970年代、フランス留学や大学の助教授などを経て、2001年東京芸術大学美術学部客員教授。

2007年1月には宿毛市名誉市民となります。

作風は、透明色を活かした薄塗りの描画で鮮やかな色彩が印象的です。

ユニークな作品も多く、見ていて飽きさせないのも特徴の一つかなと思います。

この作品も、キャンバス一面を青く塗り、あたかも水の中にいるような雰囲気に描写しています。

 

この作品は、現在ヤフオク出品中です。

この機会にぜひ。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

友沢正孝 作 聖観音立像をヤフーショッピングで販売しています。

 

友沢正孝 作 聖観音立像をヤフーショッピングで販売しています。

 

友沢正孝氏は現代彫刻界で活躍した彫刻家の一人であり、川崎大師山門の四天王像などを制作したことで知られています。

オリジナルの原型から鋳造されたブロンズ像は現代の匠による熟練の技術で、オリジナルの素晴らしさが見事に写しとられています。

表面の質感も独特で日本の美意識、侘び寂びを感じるようなコーティングがされており、とても味わい深い作品になっております。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop