TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

ヤフーショッピングで、明治期の染錦三ツ丼を販売しております。 

染錦三ツ丼 伊万里焼 明治期 

アンティーク慈光ヤフーショッピング 染錦三ツ丼 伊万里焼 明治期 

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

現在、ヤフーショッピングで伊万里焼の染錦の三ツ丼を販売しております。

伊万里焼という呼び名は、主に佐賀県伊万里市に制作された明治時代以降のものを指し、江戸時代に有田で作られたものを古伊万里と呼ばれております。藍色の染付、鮮やかで繊細な描画の色絵のものがあり。現在でも人気のある品物になります。

 

江戸時代、鍋島藩により、大名や、将軍家に贈答用で高級磁器として制作され、鍋島様式が確立され、鍋島焼とも呼ばれるようになりました。現在でも高い価値があります。柿右衛門で有名な、柿右衛門様式は、濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の素地が作られるようなり、この濁手の素地に色絵で絵画的な文様を表したものであり、現在でも親しまれております。年代や、技法によって様々な様式があり普段使い、鑑賞用など様々な用途で扱われております。

有田地方の幕末の大火などで壊滅的なダメージをうけましたが、明治時代に復興を果たし、伝統の技と技術改良によって再び貿易陶磁器の生産を始め、世界に通用する陶磁器に発展していきました。

こちらの染錦三ツ丼は、質の良い白磁に、朱、赤、褐、紺、緑、紫、藍、金など鮮やかな色彩であり、繊細に描かれております。

伊万里焼 染錦 明治期

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

世田谷区にて古作のこけしを買取させていただきました。

こけし

世田谷区にて古作のこけしを買取させていただきました。

中央左は盛秀太郎・中央右は小椋泰一郎かと思います。

両脇の作品は不明なので、現在調べています。

特に左のこけしは斬新で雰囲気があり、調べるのが楽しみです。

この中で、有名な方はやはり盛秀太郎、かの棟方志功から「津軽美人の原点、日本一のこけし」

と絶賛されました。

盛秀太郎の作品は達磨が描かれたものが多いのですが、これは家族の不幸が続き祈る気持ちでだるまの絵を書いたとされています。

昭和53年には伝統こけし功労者として勲六等瑞宝章を受賞しています。

昭和六十一年老衰のため九十二歳でお亡くなりにました。

 

傷などはありますが、年代にしては模様など色抜けが少なく良い状態です。

今月、ヤフオク出品予定です。

※店頭では販売しておりません。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

丹野真禎 (丹野正弘) の油彩画『錦樹』をヤフオク!に出品中です

丹野真禎 錦樹 油彩20号
1928年生まれ、山形県出身の洋画家、丹野真禎 (丹野正弘) の油彩画 『錦樹』 をただいまヤフオク!に出品いたしております。
丹野氏の画家としての情報はあまり多く得られないのですが、1953年に日大芸術学部美術学科を修了後、国展 (国画会~1918年に文展に対抗する形で発足した国画創作協会から改称~が主催) に出品して入選を重ねて行き、1972年には、現代洋画家精鋭選抜展で銀賞を受賞されています。1966年に立軌会 (これまた日展に反発し、立体的な把握の重視を唱え1949年に立ち上げ) の会員となるも、1977年に退会、1978年には風土会 (現在の活動状況は不詳) の結成に参加して出品を始め、同会会員として活躍して来たということですので、終生我が道を歩む在野の画家と申せましょうか。
今回の出品作品は風景20号と結構な大作。素材、主題は、同氏のメイン・テーマと思われます自然の大地に聳え立つ樹木とりわけ大木です。モノトーンに近くまで色数を抑える傾向と、背景には広く天空と長く伸びる地平線が設けられるのが氏の作品で多く見受けられる特徴で、独特の細密描画にて独自のリアリズム世界観をキャンバス上に展開しております。紅葉に覆われた一本の巨木は何気に非現実的雰囲気を漂わせており、この風景は秋の日本のどこかにあるような、あるいは世界中探しても何処にも無いのでは?という不思議な想念が湧き上がったりします。確かにある種大陸的な雄大さが横溢しており、1998年のロシア展で国立トレチャコフ美術館長賞を授かっているというのには合点、納得がいく気がします。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)をお買い取りさせて頂きました。

アフリカ現代アート バーバーサイトボート

アフリカ アート バーバー サイトボート

アンティーク慈光では、絵画、アート作品のお買い取り販売を行なっております。

慈光店舗にて、アフリカン現代アートのBarbers Sightboard(床屋の看板)を販売しております。

アフリカの現代アートは、最近ではパリを中心に空前のブームと言われるほど、注目を集めています。

 

西洋美術にも影響を与えており、ピカソ、マティス、モディリアーニなど深い感銘を受けて作品に投影されています。

近代では、アフリカの独立の時代の流れとともに。60年代〜70年代、80年代〜90年代、現在と、アートブーム段階を得て斬新で独特ななアート作品、アーティストが活するなど、進化を続けています。

 

こちらのBarbers Sightboardは床屋の看板、80年代〜90年代に作られたもので、世田谷美術館が1995年に監修した「インサイドストーリー、同時代のアフリカ美術」の関連のものです。

 

ベニア板に、大胆に手描きされております。アメリカの50s、アメコミを連想させるような黒人のキャラクター、アフリカ独特な、ビビッドで、ディープな彩色、プリミティブな要素が加わり、独特なインパクトがあります。

 

 

濱田台兒のリトグラフ『八重桜』を店頭販売中です

濱田台兒『八重桜』リトグラフ HC版
贅沢に金彩の施された背景にひと振りの八重桜の枝のみが描かれますリトグラフ作品です。原画は、鳥取県出身の日本画家、濱田台兒(1916~2010)によるものです。
ソメイヨシノの開花は既にどんどんと北上、それと入れ替わるように咲き誇るのが八重桜たちです。今日の日本のソメイヨシノはすべて遺伝子が一緒の「クローン桜」だといわれますが、こちら八重桜は種類が思いのほかに豊富、白い花を咲かせるもののみならず、黄や緑色の花を付けるものまであります。本作で描かれたのは、花びらの色・サイズおよび葉の大きさと色などから、フゲンゾウかマツマエハヤザキあたりではなかろうかと推定してみましたが如何?
さて濱田台兒は19歳で伊東深水の門を叩き師事、確かに構図や配色に影響が少なからず感じられますが、ただ師は台兒氏ほど花鳥画を専らとしていた印象には乏しく、むしろもう一人の師匠であった橋本明治(文化勲章受章、日展理事)が幾度も桜を描いておりましたしこちらに感化された面が強いかもなどと想像を巡らせております。影を排し翳りも漂わせない唯物・即物的な表現手法は、近世以来の日本絵画の伝統に即したものといえましょうか。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop