TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

松尾藻風、萩焼の水指をヤフーショッピングで販売しております。

萩焼 松尾藻風 水指 共箱

慈光ヤフーショッピング 萩焼 松尾藻風 水指 共箱

慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、萩焼、松尾藻風の水指です。萩焼と言えば、『一楽、二萩、三唐津』と称され、古くから茶人に愛用されてきました。

松尾藻風は、有田で育ち、初代藻風に陶器制作を教わり、その後茶道具を制作、習得するため萩へ拠点を移し、萩焼の作家となります。有田焼、萩焼焼の両刀使いの珍しい作家さんです。また、食器類などは水漏れ、変質を防いだ萩焼を創作し、従来の萩焼に新たなテイストを加えた作品が特徴です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

 

川上音二郎一座の上演したシェークスピア劇『オセロ』のポスターを、買い取らせて頂きました。

こちらは、明治36年に川上音二郎一座がシェークスピア劇『オセロ』を明治座で上演した時のポスターです。

「新派劇の父」と称される川上音二郎(1864~ 1911年)は筑前黒田藩出身の「オッペケペー節」で一世を風靡した興行師と言われています。

川上の始めた書生芝居はやがて新派となり、歌舞伎をしのぐ人気を博しました。

川上音二郎一座は、1900年に、イギリス、ロンドン、フランスのパリへ渡り、歌舞伎風のショー、「芸者と武士」を上演し、ヨーロッパの人々の好奇心を集めました。

そして、ヨーロッパから帰国した川上一座は、正劇と称し、シェイクスピア劇を次々と上演し始めました。それらは、日本の観客にアピールするように、翻案劇の形を

とっており、とりわけ、『オセロ』は、日本版では、日清戦争後日本領とした台湾を舞台とし、オセロが台湾の植民地総督として赴任する劇に変わっていたそうです。

川上一座によって、日本で初めて上演された『オセロ』は、評判となりました。

こちらのポスターはヤフオク出品予定ですので、どうぞお楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

ヤフオクにて懐中時計K18フォブを出品しております。

フォブ

ヤフオクにて懐中時計K18フォブを出品しております。

フォブとは、懐中時計につける鎖付けたものです。

実用と装飾を兼ね備えた懐中時計用チェーン、

中にはペンダントなどを付けたものもあります。

こちらのペンダントはK18刻印があり中身は方位磁石になっています。

表の装飾は彫金されており日本風なのが特徴で「寿秀銘」が掘られています。

海外ではフォブペンダントは人気があり、懐中時計愛好家が付けています。

この機会に、一風変わったフォブはいかがでしょうか?

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

 

 

 

岩崎新定、膳所焼の茶壺『淡海ぜぜ』をヤフーショッピングで販売しております。

岩崎新定 茶壺 淡海ぜぜ 膳所焼 陽光園

慈光ヤフーショッピング 岩崎新定 茶壺 淡海ぜぜ 膳所焼 陽光園

慈光では、茶道具の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、膳所焼の茶壺です。茶の世界に影響を受けた膳所藩主(現 滋賀県大津市)、菅沼定芳が、1600年代初めに窯を開いたのが初めで御用窯となった、後に石川家が膳所藩主となり更に発展させました。石川忠総が茶人の小堀遠州の指導を受けながら茶器に力を注ぎ、遠州七窯の一つとなり、大名などに愛用、重宝されました。1651年、石川忠総が死去し、石川家の移封などの影響により衰退の一途を辿ります。

しかし、1919年、膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が、登り窯を開き伊東陶山の指導もあり見事に復活させました。息子である岩崎新定が継承し現在に至ります。

こちらの茶壺は、迫力があり、透き通った釉薬と流し釉が特徴です。非常に高い品質で、口覆、茶壺紐、蓋も非常に丁寧に作られています。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

今泉今右衛門の『緑地草花更紗菓子器』を販売しております。

 

 

1871年の廃藩置県で途絶えた鍋島焼の伝統は、十代今右衛門から十一代・十二代と三代かけ江戸期色鍋島の復興に成功し、21世紀に至っています。

1975年に襲名した十三代今泉今右衛門は、造りだす技術は江戸期から伝わる手仕事でしたが、伝統工芸は現代の人に向けた新しい仕事でなくてはならないという考え方

のもと、色鍋島の世界に芸術性を加え、現代の色鍋島として吹墨・薄墨・緑地の技法を確立しました。1989年平成元年、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定

を受けています。

こちらの作品は、十三代の代表的作品『色絵緑地草花更紗文花瓶』と同じ技法で、染付の青と上絵の緑だけですっきりとまとめられた緑地技法を用いています。

ヤフオクでも出品中ですので、どうぞご覧ください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop