TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

彫刻家 小針樹生作 象牙 「聖観音像」を販売中です。

小針樹生

小針樹生

小針樹生作「聖観音像」を販売中です。

小針樹生は数少ない象牙彫刻家です。

平櫛田中の内弟子であった父から彫刻を学び、人物の置物が中心で佛物なども得意としました。

中でも西洋の女性の彫刻を得意としたそうです。

販売している聖観音像も女性的な雰囲気があります。

繊細に彫刻された像は、まさに超絶技巧で一見の価値ありです。

こちらの商品は、店頭か弊社HPでお問い合わせの上、購入できます。

小針樹生作「聖観音像」

※象牙の販売に関しましては身分証明書のコピーが必要となります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

後迫奉文の刷毛目 ぐい呑みをヤフーショッピングで販売しております。

後迫奉文 刷毛目 ぐい呑み 萩焼 酒器

慈光ヤフーショッピング 後迫奉文 刷毛目 ぐい呑み 萩焼 酒器 盃 共箱

慈光では、陶磁器、陶器の販売、買い取りを行っております。

今回、ご紹介する品物は、後迫奉文の刷毛目のぐい吞みです。後迫奉文(うしろさこ もとひろ)は昭和21年、大阪府堺市に生れ、昭和52年に萩焼の作陶を開始。以後、美術展に出展し、数々の受賞を果たし、昭和57年には、内閣総理大臣賞に選ばれ、日本最初の『卵殻黒陶』の復元など、活躍しております。陶芸を土と炎の芸術と呼び、作品は芸術的な要素がもりこまれた作品が多い様です。

こちらのぐい吞は、質の良さがあり、刷毛目に萩焼の赤身が含まれています。透き通った釉薬に、程よく貫入が入っております。親指の当たる胴にあたる部分に凹みが施されており、口縁は少し丸味があり滑らかな作りになっております。お勧めの一品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

ロイヤルコペンハーゲンのテネラ・シリーズの花瓶をヤフーショッピングで販売中です

ロイヤルコペンハーゲン テネラ・シリーズ 花瓶
1775年にデンマーク王室の御用達窯となり、王立製陶所の時期もあった、青色の染付・コバルトブルーの手描き絵柄で広く知られますロイヤルコペンハーゲンの花瓶 flower vase を、ヤフーショッピングに出品いたしております。
同社の陶磁器と申せば歴史と伝統あるイヤープレート、あるいは現行のシリーズで人気のあるブルーフルーテッド各種が念頭に浮かぶ方が多いかと思われます。
今回の品は、そうした同社の作品群とは趣きを大いに異にする、テネラ TENERA というシリーズから送り出されました。
ニルス・トーソン Nils Thorsson がディレクター役として1958年に発足したテネラは、当時の若い女性アーティスト6名を起用して、青を基調としつつも大胆で活力に富んだ鳥や花の絵柄を採用、斬新さ・新鮮さ・モダニティを備えた絵柄が人気を博したそうです。その反映は、より独創性と渋みを増した別シリーズであるバッカ BACA の誕生に繋がりました。
当花瓶はベルテ・イエッセン Berte Jessen というデザイナーが制作した、1960年前後のもののようです。
なお、このテネラは、ロイヤルコペンハーゲン生粋の伝統手法から生まれたものではなく、底部のロゴ中に記される『ファイアンス FAJENCE 』という製法に基づき焼成されているそうです。この製法とは、ロイヤルコペンハーゲンを1882年に買収したとされます製陶会社 アルミニア Aluminia が得意としたという、釉薬をかけてから、低音で長時間焼き上げるものだそうです。成程、図柄のみならず根本からしてそこはかとなくギャップや違和感を覚えるのは道理であったというわけですね。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

ヤフーショッピングで、佐藤圭秀、備前焼の手付菓子器を販売しております。

佐藤圭秀 備前焼 手付菓子器 共箱

慈光ヤフーショッピング 佐藤圭秀 備前焼 手付菓子器 共箱

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、備前焼の手付菓子器です。佐藤圭秀は、1944年広島県生まれ。兄は備前市無形文化財の佐藤苔助です、。備前で学び、伝統展などで多数入選。1988年に逝去されました。

こちらの手付菓子器は、まず目に入ってくるのは取手の部分。おそらくこの曲線を作るにはかなりの技術が必要でしょう。質の良い、品のある造りで、作品は古備前のような奥行きがあります。備前焼の昔からの工法を押さえつつ、窯変の効果を生かした作品です。菓子器とは言え、使い方は様々、草木や花を添える、小物や、オブジェを置くなど自由な使い方ができるでしょう。

 

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171佐藤圭秀
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

関野準一郎 木版画「三春」をヤフーショッピングで販売しております。

関野準一郎 木版画 「三春」慈光ヤフーショッピング 関野準一郎 木版画 「三春」 51/128 直筆サイン

慈光では、絵画のお買い取り販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、関野準一朗の木版画です。

関野潤一郎は、1914年青森県生まれの、画家、版画家で国内外問わず活動し評価をえました。

今純三に銅版画を学び、前衛的な版画家である恩地孝四郎に支持しました。更に油絵も鈴木研究所で学び、幅の広い版画を中心とした様々な幅の広い表現方法を持ち合わせた画家と言えます。世界の国際展に出展、受賞。アメリカの大学で大学教授、版画の講義を務め、現代の版画に大きく貢献、尽力しました。

作品は、独特な視点、ユニークな、従来の版画とは、一味違った作品が多くみられます。「東海道五十三次シリーズ」「奥の細道」の風景がシリーズや、美人画もあり様々です。

『三春』と題したこちらの作品は1984の作品で、おそらく福島県の三春町でしょうか、農家の一風景。なんとも長閑な感じがします。


PageTop