TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

陵山作・薄端を販売しております。

こちらは、薄端「うすばた」または「うすはた」と呼ばれる、生け花で使われる金属製の花器です。

室町時代に中国から伝わった物で、広口の上皿の端が薄くなっているところから「薄端」と呼ばれるようになったようです。

広口の浅い上皿と、それを支える胴の部分は取り外しができます。実際に花を生ける時には、水は穴の上ぎりぎりまで入れて、

皿状になっている部分には水を溜めないように使うとのことで、主に池坊や古流で用いられているそうです。

胴の部分は細かく花唐草の模様が彫られ、銅製なので、両手でしっかり持たないと持ち上げられないほど重いです。

陵山作と書かれていますが、作者の詳細は不明です。

こちらは慈光店頭にて販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

山口華揚の木版画『秋晴れ』を販売しております。

1899年、京都の友禅染色家の二男として生まれた山口華揚は、幼い頃より、粘土や筆で動物を写すことを好み、小学校を卒業後、西村五雲に師事します。

師の勧めにより、京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に入学すると、同年の第10回文展で『日午』が初入選します。

また、竹内栖鳳の私塾竹杖会の研究会に参加し、京都画壇の伝統に学び、花鳥画を研鑽を重ねると、出品した作品が連続特選となり、

動物画家として名を知られるようになりました。第10回日展の際、斬新で理知的なフォルムと構図、色彩対比を見せる「黒豹」を出品、

師五雲の影響を払拭した独自の様式を確立すると共に、現代的な日本画の登場として話題を集めました。

円山四条派の写実を出発点とし、穏雅で淡々と描き出す対象の中に知的でシャープな現代的感性を盛り込んだ作風は、

戦後の日本画壇の動向の中でも一つの指標となりました。1980年に文化功労賞に顕彰され、翌年、文化勲章を受賞。

1982年には京都市名誉市民となり、パリのチェルヌスキ美術館で個展が開催されたりしましたが、1984年京都府京都市において、84歳で亡くなりました。

名作を木版画で再現した『秋晴れ』は、涼し気な薄青い背景と紅葉の対比に緊張感のある作風です。木漏れ日の中に佇む黒猫の瞳に吸い込まれていきそうです。

こちらの作品は慈光店舗にて販売しております。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

リヤドロ(lladro) 「ISLAND BEAUTY」をヤフーショッピングで販売しております。

リヤドロ(lladro) 「ISLAND BEAUTY」 12382 グレス フィギュリン 箱付き

慈光ヤフーショッピング リヤドロ(lladro) 「ISLAND BEAUTY」 12382 グレス フィギュリン 箱付き

慈光では、西洋陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回は、夏や、南国を感じさせるリアドロのフィギュリンです。海の木陰で少しウトウトをしたリラックスした表情です。今年はコロナ禍ということもあり、風景画や、異国の情緒を感じさせるものが大変人気で、家で飾る、演出することが流行っています。置物ひとつで空間が変わることは良くあります。

ISLAND BEAUTYのシリーズは、南国の子供をモチーフにし、ナチュラルな色彩と、艶を消した質感でどこか落着きのある雰囲気があります。

慈光店舗でも、リアドロ、その他のメーカーのフィギュリンも販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリン『木を削る少年』を販売しております。

デンマークに本社を構えるロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンの歴史は1898年まで遡ります。

パリの万国博覧会で最初の作品が発表されたのが始まりと言われており、すべてのフィギュリンが熟練の職人に作られています。

ロイヤルコペンハーゲンでは、イヤープレートやマグカップが人気ですが、フィギュリンは隠れたファンが多いようです。

こちらの『木を削る少年』は1908年に彫刻家のクリスチャン・トムセンによってデザインされました。

「コペンハーゲンブルー」とも言われる、独特の美しいコバルトブルーが少年の服に使われいます。

少年は、釣り竿を削っているのか、または、ヤギの群れを導くための棒を削っているところなのかとの解釈があるようですが、夢中になって

木を削っている少年の様子はとても可愛らしく表現されています。

こちらは慈光店舗にて販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

慈光は、本日より平常通りの営業を再開いたしております。

生憎の雨ですが、本日より平常通りの営業を再開いたしております。

天気予報だと午後には雨も止むとの事なので、どうぞ起こし下さい。

さて、夏季休業明け一発目の商品を紹介させえて頂きます。

小野拍子 金襴手 ぐい呑

小野拍子 金襴手ぐい呑

小野琥山さんの長女。父が運営する琥山製陶所で、陶芸を学びます。
その後、加藤土師萌先生の釉裏金彩を見て衝撃を受け、その研究に取り組みます。

平成四年佐賀県指定重要無形文化財「陶芸釉裏金彩」の技術保持者に指定。
平成八年嬉野町にて逝去。

日本では、数少ない女流陶芸家。

釉裏金彩は、金箔がめくれてしまうなど制作には大変苦慮したそうです。

研究を重ね、一度素焼きにし6回焼き上げるという大変手間のかかる作業で、

金箔が落ち着いた味わいにすることが出来ます。

こちらの商品は近日中にヤフーショッピング及びヤフオク定額商品にアップ致します。

お楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 


PageTop