TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

梶本太衛の色絵花瓶『色絵鷺の図』を販売しております。

  1. v梶本太衛 九谷焼 花瓶 

慈光では、作家物の茶道具、陶器、陶磁器を販売しております。

現在、慈光店舗にて梶本太衛の花瓶を販売しております。

梶本太衛は石川県の九谷焼の作家です。佐野栄山に師事し、日展を中心に、現代美術展、陶芸展などで多数、賞を受賞しています。工芸美術北陸会員、石川県陶芸協会理事を務めるなど、九谷焼に注力しております。

九谷焼の鮮やかな色彩を生かし、大胆かつ繊細に描かれ、色付けされています。絵画のような印象を受ける作品を数多く生み出しております。

こちらの花瓶は、腰の部分が絞られ口縁に向かって、なだらかに広がっており、スタイリッシュな形をしております。見上げた鷺が風流に描かれております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

馬の目皿を店頭にて販売しております。

馬の目皿は、江戸後期(19世紀初)に庶民用の日用雑器として、瀬戸・洞地区を中心に生産されました。

連続した渦を巻く文様が馬の目に似ているためそう呼ばれているそうですが、或る方の意見では雲だとされています。

雲が雨をもたらし水田を救うからと言われています。今と異なり、米が経済の全てであった当時としては、その祈りを込めたのでしょう。

初期のものは「目」のほぼ中央から筆が始まっているのに対して、時代を追うと、筆の始まりが「目」の下側に寄っていくのだそうです。

これは大量に作られるようになって、描きやすい描き方に変わっていったのではないか、と言われています。

このような同じ模様でも時代毎に変化が見られるのは面白いですね。

幕末には石皿に取って代わるほどの日用雑器として発展したようですが、その焼成は明治初期で終焉を迎えます。

大正時代の民芸品志向の運動によって再び脚光を浴びる様になり現代でも、骨董としてコレクターが多い器です。

お刺身や煮物の和食はもちろん、中華料理やパスタなど、どんな料理を盛り付けても馴染みそうです。

こちらの馬の目皿は慈光店舗にて販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

中谷秀斎作の吹寄蒔絵(木の葉茶器) 共箱

秀斎作 吹寄蒔絵 木の葉茶器 共箱

慈光ヤフーショッピング 秀斎作 吹寄蒔絵 木の葉茶器 共箱

慈光では、茶道具の買い取り、販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、中谷秀斎の棗です。中谷秀斎は、石川県に1931年(昭和6年)に、石川県に生まれ、父の師事しました。京都で、木地に紙を貼り重ねて漆塗をした一閑塗を習得した後に茶道具の製作に従事しました。伝統的な作品から、自由で抑揚のある描き込みは、素晴らしい品が多く、オリジナリティの高い作家さんです。

木の葉茶器は、胴の部分が葉の仕様になっており、技術の高さが伺えます。見た目の存在感がある為、非常に人気があります。蓋の表に、蒔絵が施されており、蓋裏、胴の内側、にも意匠が凝らされております。

棗は、茶人の方々だけではなく、鑑賞用として、美術品としても集める方も多くいます。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

アメディオ・モディリアーニ『黒いネクタイの女』のリトグラフを店頭にて販売しております。

 

モディリアーニの代表作品のひとつである『黒いネクタイの女』は彼の妻ジャンヌをモデルに描かれました。

モデルの配置を中心からわざと外した構図、なで肩、長い首、長い鼻の線、半弧を描いた眉毛、そして、

モディリアーニの描く肖像画で最も特徴的なアーモンド形の目の中にある瞳は、軽く塗りつぶされています。

眼は最もその人の個性や表情、内面が現れる器官ですが、それを描かないことでモデルを日常性から切り離し、現実を越えた神秘性が感じられます。

モディリアーニの画家としての生活は13年ほどに過ぎず、傑作は晩年の3年間に描かれたものがほとんどで、

驚異的な集中力でひとつの作品を数時間で一気に描き上げたと言われています。

この『黒いネクタイの女』は、ジャンヌと出会ってまもなく描かれ、その3年後、36歳の若さで病気で亡くなりました。

こちらのリトグラフは、モディリアーニが描いた原画を基に遺族の承諾を得て版画が作られた、復刻版画です。

モディリアーニの孫娘であるローレ・ネッチェン・モディリアーニが監修し、作品に直筆サインとエディションナンバーが入れられています。

店頭にて販売中ですので、是非ご覧ください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

金田鹿男の小紋三島手花生を、慈光ヤフーショッピングにて販売しております。

金田鹿男 花瓶 「少紋三島手加花生」

慈光ヤフーショッピング 金田鹿男 花瓶 「少紋三島手加花生」

金田鹿男の小紋三島手花生を慈光ヤフーショッピングにて販売しております。

 

師は練上手の技法でしられる、人間国宝の松井康成ですが、師のまねをする事はせず、シンプルな象嵌三島の技法を貫いています。

 

金田さんの作品はリズミカルで繊細な紋様が特徴的ですが、模様の複雑さとは変わって柔らかい印象をうけます。

謙虚でモダンな雰囲気があり、和室、洋室問わず、部屋に飾る事のできる一品です。

 

略歴

1938年茨城県生まれ

人間国宝、松井康成に師事

1975年伝統工芸新作展に入選

1976年日本伝統工芸展に入選

日本伝統工芸展正会員

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop