TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

ヤフーショッピングで、佐藤圭秀の備前焼の茶碗を販売しております。

佐藤圭秀 備前焼 茶碗

アンティーク慈光ヤフーショッピング 佐藤圭秀 備前焼 茶碗

アンティーク慈光では、茶道具、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、佐藤圭秀の茶碗です。佐藤圭秀は古備前の愛陶家として名高い佐藤孝の4男として昭和19年広島尾道に生まれました。44歳という若さで亡くなりましたが、技巧に優れ、茶味のある作風を得意とし、入選多数の輝かしい陶歴があり、早世を惜しまれました。

非常に整った形をしており、どの角度で見ても、均衡がとれています。薄型でありながら、口造りはふっくらとしており、飲み口を意識した造りになっております。焼き色が良く、赤褐色の発色が非常に良く出でいます。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

佐藤圭秀『備前焼 手付菓子器』をヤフーショッピングで販売しております。

佐藤圭秀 備前焼 手付菓子器 共箱

慈光ヤフーショッピング 佐藤圭秀 備前焼 手付菓子器 共箱

アンティーク慈光では、茶道具、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、佐藤圭秀の茶碗です。佐藤圭秀は古備前の愛陶家として名高い佐藤孝の4男として昭和19年広島尾道に生まれました。44歳という若さで亡くなりましたが、技巧に優れ、茶味のある作風を得意とし、入選多数の輝かしい陶歴があり、早世を惜しまれました。

こちら手付菓子器は非常に赴きがあり、手の部分は滑らかな弧を描いて、調和の取れた形をしております。備前焼、特有の手触りも堪能できるでしょう。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

三鷹市にて博多人形師・中村信喬の『打出の小槌』を買い取らせて頂きました。

 

三鷹市にて博多人形師・中村信喬の『打出の小槌』を買い取らせて頂きました。

穏やかな優しいお顔の人形で、こちらに何か語りかけているような表情です。

中村人形の三代目を受け継ぐ中村信喬は、伝統的な技術を守ることだけにとらわれず、その時代ごとに現れる、新しい素材や技術に

チャレンジし、全身全霊で相手が喜んでくれるものを作るよう心掛けているそうです。

~中村信喬~

1957年 福岡市に父(故)二代目人形師中村衍涯(えんがい)(福岡県無形文化財)の長男として生まれる。

重要無形文化財の人形師・林駒夫、陶芸家の村田陶苑、能面師・北澤一念に師事し、伝統工芸人形展文化庁長官賞等数々の賞を受ける。

雛人形、五月人形など伝統的な工芸人形や、また南蛮などをテーマとした海外に目を向けた作品も多く手掛けている。

生まれ育った福岡では、福岡市動物園の『座れるゴリラの像』をはじめ、町で触れ合うことの出来るパブリックアートの大作も多い。

また、2019年にはローマ教皇謁見、作品献上し、海外での評価も高い。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

ヤフオクでスタンウェルのパイプを販売しております。

只今、ヤフオクにてStanwell(スタンウェル)のパイプ#64Мを販売しております。

こちらのパイプはブライヤーパイプと呼ばれ、現在のパイプの主流となっており、19世紀後半に地中海沿岸でパイプの素材として初めて用いられたと言われています。

ブライヤーとは、地中海沿岸に自生するツツジ科の樹木(学名エリカ・アルボレア)の根塊を加工した物です。

パイプ表面の木目のような柄は、木部ではなく木の根塊で、通常「木目(グレイン)」と呼ばれています。

今回ご紹介しているスタンウェルのパイプはこのグレインが美しい模様になっています。

デンマークに本社を構えるSTANWELL(スタンウェル)は、1942年にポール・スタンウェルにより設立されました。

他のブランドと比べると新しいパイプ・ファクトリーですが、良質なブライヤー素材の確保と、木工製品に関して高い技術力を持つデンマークの土地柄を生かし、

優秀なパイプ作家達の協力を得て個性的でモダンなシェイプのパイプを高いクオリティで生産し続けています。

また、STANWELLの高いデザイン性と営業努力を持ち合わせ、今なお成長している精力的なパイプ・ブランドの筆頭に挙げられます。

喫煙文化の歴史研究をライフワークとされている、日本でも屈指のパイプ愛好家である鈴木達也氏が初めて購入したパイプはスタンウェルだそうです。

現在ヤフオク出品中です。12月12日(日)21時終了予定となっております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

加藤伸也(作助) の花瓶『織部草紋』を、ヤフーショッピングで販売しております。

加藤伸也(作助)  織部草紋 花瓶 花器

ヤフーショッピング 加藤伸也(作助)  織部草紋 花瓶 花器 共箱

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、加藤伸也の花瓶です。加藤伸也は、五代加藤作助です。瀬戸焼の窯元で、加藤四郎佐衛門景正の作家の系列です。150年以上前に、加藤作助と名乗り伝統ある窯元になりました。加藤伸也は、東京芸術大学大学院で陶芸を学び、その後、織部焼を初めとする伝統技法を習得しました。そして新しい趣向も取り入れ、現代的な作品も制作しました。数々の個展、工芸展で入選するなど活躍しました。

こちらの花瓶は、織部焼、特有の緑の釉薬、織部釉が特徴であり、透き通った釉薬の下に草の模様がくっきり出ており見応えのある一品となっております。

略歴

1940 瀬戸古瀬戸窯窯元四代加藤作助の長男として生まれる。

1966 東京芸術大学大学院陶芸講座修了 加藤土師萌・藤本能道・田村耕一氏に師事

1968 瀬戸に帰り、陶芸制作活動に入る

1969 第17回日本伝統工芸展 初入選 以後 毎年作品出品

1972 東京日本橋三越にて初個展開催 以後 隔年に開催

1987 (社)日本工芸会 理事就任 同 東海支部 幹事長就任

1992 愛知県立芸術大学陶磁専攻教授

1996 父作助 逝去により、五代 作助を襲名

1998 瀬戸市(2004愛知県)指定無形文化財 「陶芸 黄瀬戸・織部」 保持者認定

2013 瑞宝小綬章受章

 

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop