TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

ヤフーショッピングで、益子焼、武田敏男の花器を販売しております。 

武田敏男 「草文花瓶」 花器 益子焼

アンティーク慈光ヤフーショッピング 武田敏男 「草文花瓶」 花器 益子焼

アンティーク慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、武田敏男作の益子焼の花瓶です。武田敏男は、1932年、富山県に生まれました。その後、金沢美術工芸大学で北出塔次郎に師事し、京焼の米沢蘇峰に学びました。転機として、鉄絵で有名な人間国宝の田村耕一に師事したことから益子に築窯しました。益子で釉薬と焼成の研究を重ねました。バランスのとれた形成された陶器に素朴な文様を描法が特徴です。

こちらの陶器も、無駄のない形をしており、薄っすらと浮かぶ縞模様の上に、一筆書きの草木が大きく描かれており、素朴でありながら力強さも感じます。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

大塚敏雄の油絵『箱根秋景』を店頭にて販売しております

大塚敏雄 油絵 箱根秋景
肉厚の筆致にて描き込まれた秋の箱根の風景を捉えた、大塚敏雄の油絵『箱根秋景』を慈光店内にて陳列販売いたしております。
1922年群馬生まれの洋画家 大塚敏雄は、濃厚なエロスの湧き立つ白い裸婦画で名を馳せておるようですが、それに没入する以前には抽象画にも手を染めていたそう。本作はフォーヴィズム 野獣派 と印象派の反映が顕著に映りますので、制作時期はもしや彼のキャリアに於いてかなり初期であるのかもしれません。
シンプルな構図に、赤というか赤黒く燃え上がるような紅葉を感覚と情念に任せて描き上げた一作なのでしょう。同じく赤い代表作のある、ふた世代ほど年長の大家たち、マティス(『赤のハーモニー』)と M. d ヴラマンク(『赤い木のある風景』)あたりから刺激、直感を受けたのではないかとも推測されますね。
画幅30センチ余りの小品でありますが、紅葉前線北上中の今の季節にまさに合致、秋の夜長に読書かたがたブランデーでも舐めつつ鑑賞するのも一興でありましょうか。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

茶道具各種を、西荻窪 慈光店舗で販売しております。

茶道具 各種販売 西荻窪 慈光 杉並区

慈光店舗にて、茶道具各種、お手頃なお値段で販売しております。茶碗、建水、水差、茶入、茶壺、蓋置、花生、棗、菓子入れ、香炉、香合、茶釜などのお稽古用、本番用と様々ございます。

最近、ようやく茶道教室を再開し始め、新型コロナ対策により新たなガイドラインが出されております。マスクを着用する。教室内の換気をする。手洗いと、手で触れる部分の消毒を行う。茶碗、茶筅、柄杓、茶巾、菓子鉢等の熱湯消毒をする。茶碗等を拭く為の使い捨てのペーパータオルの設置。1メートルから2メートルの距離を保つ。茶碗を替え銘々一服とし、飲みまわしは避けるなど、少人数で徹底して行っているとのことです。オンライイン教室、テーブル茶道など、時代と共に茶道も変化しております。茶道はさておき、抹茶はビタミンの栄養が豊富であるため、茶碗と茶筅だけで、自宅で気軽に抹茶を飲む人も多くみられます。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

百足の図柄が刻み込まれた刀鍔を店頭にて販売いたしております

百足模様刀鍔
日本刀、打刀を構成します部品、握る手を守る機能というよりもいっそ彩り、装飾性の面に注目がなされます、刀鍔の商品紹介です。
他にも数点が現在店頭に並んでおりますが、この金ムカデが表裏に複数描かれたものが特に目を惹きます。
なぜ選りによって気色悪い百足なんぞを武士たちは己が魂である大切な刀に態々纏わせたのかと訝しがる向きもありましょう。生き物としてのその獰猛さやひたすらな前進性(後退しない・できない)、さらには多産ぶりといった特質にあやかり、戦国時代に武装や旗指物に百足の絵柄をあしらったのが起源であろうと云われています。
武士、戦国とむかでといえば、甲斐武田の百足衆(金掘り衆あるいは地下掘削工兵部隊)が思い起こされます。次いで下っては、相馬野馬追において、「下がりムカデ」の旗が軍師の指物に用いられ続けているように、会津、福島の武士社会でも好まれたモチーフであったようです。
かくして当刀鍔は、製造年代こそ不詳ながら、上の武田系、福島系のいずれかに連なるものではなかろうかと想像しますが(後者が有力?)いかがなものでありましょう。
おそらく鉄製で重さは110gほど、楕円形の長径は約7.2cmで、鑑賞するにとどまらずコースターに用いてもちょうどよろしいかもというサイジング、さすがにTPOと器は選ぶ(当世流の結露しない真空二重構造のステンレスカップが相応?)でしょうけれども。尤も昆虫食が広まりを見せている現代であればさして抵抗を覚えぬという方も多いかもしれません。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

島津豪亮の油彩画「朝焼けの海」をヤフーショッピングで販売しております。 

島津豪亮 「朝焼けの海」 油彩 M10号 リアリズム

島津豪亮 「朝焼けの海」 油彩 M10号 リアリズム

慈光では。絵画のお買い取り販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、島津豪亮の油彩です。

島津豪亮は1939年横浜に生まれました。武蔵野美術大学卒業後、横地康国に師事。その後スペインに魅せられ30年以上、足を運び、1988年以来スペイン大使館の後援を受け、また99年より毎年渋谷・東急本店で個展を行っています。特にアンダルシア地方に魅了され、スペインの青空や白壁の街並み、海や、花々などが鮮やかな色彩で表現されています。

こちらの『朝焼けの海』と題した作品は、写真のようなも事な写実で描かれており、空と海の色合いが神々しく彩色されています。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

 

 


PageTop