TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

青木龍山の天目ぐい呑を、ヤフーショッピングで販売しております。

青木龍山 天目ぐい呑 酒器 共箱 文化勲章

慈光ヤフーショッピング 青木龍山 天目ぐい呑 酒器 共箱 文化勲章

慈光では、ぐい吞の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、青木龍山のぐい呑です。青木龍山は、現代を代表する有田焼の作家であり。1926年(大正15年)有田町の陶磁器製の長男として生まれました。青木家の陶芸の稼業は江戸時代初期から明治時代の陶器の貿易など発展してきました。龍山は、多摩美術大学の日本画を卒業した後、美術の教員になりましたが父に呼び戻され、陶器を手掛けることになりました。父の会社は倒産してしまいましたが、個人の作家として活躍します。日展で、数々の入選し日展の頂点まで登りつめ、文化勲章まで受賞するに至ります。

こちらのぐい吞は、龍山の特異な天目の仕様で、天目の濃淡による色合い、大きさと形のバランスが非常に良くできております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

阿部晃工の彫刻作品、獅子を販売しております。

阿部晃工は1906年北海道に生まれ、昭和時代に活躍した彫刻家です。
東京美術学校彫刻科在学中、右手が不自由になり、主に左手で制作を行っていました。
「昭和の左甚五郎」と呼ばれるほどの腕前を持ち、文展、日展などで多くの入選を果たし、彫刻家として活躍しました。
こちらの作品は、晩年に木彫を手掛けることが多くなった時に制作されたと思われます。
体長30㎝ほどの獅子は、力強く、遠くの獲物を狙っているような鋭い眼差しです。大きな面を強調要約した簡潔な作品です。
慈光店頭にて販売しておりますので、是非、ご覧ください。

~阿部晃工~

1906年 北海道で生まれる
1930年 東京美術学校彫刻科塑造部に入学する
1934年 帝展で初入選となる
1935年 東京美術学校彫刻科塑像部を卒業する
1937年 東京美術学校彫刻科研究科を終了する
1951年 創型会の創立に参加する
1961年 創型会を脱会する
1964年 日本画府常任理事委員となる
1965年 日府展で日府賞を受賞する
1966年 逝去

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

加藤幸兵衛作・長皿を販売しております。

美濃焼の父と言われている加藤幸兵衛は、中国的陶芸の新分野を開拓し、家業の幸兵衛窯を1911年に引き継ぎました。

5代目幸兵衛を名乗り、現在の幸兵衛窯の礎を築きました。開窯1804年の幸兵衛窯は現在も孫である7代目に引き継がれ独自の現代的な作風を展開し、活躍しています。

こちらの長皿は、美濃焼の様式の中でも特徴的な織部の鮮やかな緑色の釉薬が春の季節を感じさせ、タンポポの綿毛が飛んで行く様はのどかで、今の季節に相応しい絵柄です。

~加藤幸兵衛~

1893年 四代加藤幸兵衛の長男として生まれる
1909年 家業の幸兵衛窯を引き継ぐ
1928年 これより宮内省より食器、装飾品の御用命を受ける
1931年 第11回帝展に初入選
1948年 パリ万博に出品
1950年 岐阜県陶磁器試験場長に就任(在任23年)
1956年 日本工芸会正会員となる
1960年 アメリカ・ニューヨークにて個展
1973年 岐阜県重要無形文化財に認定される。多治見市名誉市民の称号を受ける。
1974年 日本工芸会理事に就任。
1982年 永眠

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

柴田宋休の練上ぐい呑を慈光店舗にて販売しております。

柴田宋休 練上 ぐい呑み 笠間焼慈光では、洋食器、和食器のお買い取り、販売を行っております。

現在、慈光ショールにて、柴田宋休の練上ぐい呑みを販売しております。

柴田宋休は、陶芸家であり、詩画作家、エッセイスト、整体療法士、浄土宗の僧侶でもあり、非常に多才な作家さんです。人間国宝の練上の松井康生も同じく浄土宗の僧侶であり、11年間もの間師事したことから強く影響を受けたことが伺えます。

技術的に非常に難しいとされる練上の陶器を製作し、茶碗、花器、香炉、壺、酒器など多岐に渡り製作し、味わいのある作品を制作しています。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

古川利男の氷裂青瓷のぐい呑を、慈光店舗にて販売しております。

 

古川利男 氷裂青瓷 ぐい呑

慈光では、作家物の陶磁器、陶器のお買い取り、販売を行っております。

古川利男は、昭和24年生まれの、京都 清水焼の陶芸家です。利宋窯で製作し、プラチナ箔を施す「釉裏白金彩」という技法を、考案し息子の古川拓郎氏が完成させた技法などで知られています。孫にあたる古川剛は、古典的な油滴天目や禾目天目をベースにオリジナルの天目作品を制作し注目されています。

こちらのぐい呑は、氷裂青瓷の造りで氷の様に模様があり、澄んだ青は非常に見応えがあります。平形で非常にきれいな形成をしております。

古川利男 略歴

昭和二十四年  京都に生れる

青瓷作家展に委頼出品

昭和五十二年 金沢大和にて個展

東京小田急新宿店にて個展 名古屋三越・オリエンタルにて 個展

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 


PageTop