TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

小西陶蔵の徳利を、ヤフーショッピングで販売しております。

小西陶蔵 備前 徳利 酒器 共箱

 

慈光ヤフーショッピング 小西陶蔵 備前 徳利 酒器 共箱

慈光では、陶磁器、陶器の販売を行っております。今回ご紹介する品物は、備前焼の作家、小西陶蔵の徳利です。

小西陶蔵は、備前焼の作家です。代々作家の家系で、明治初期の細工の名工と言われた永見陶楽の孫にあたる初代小西陶古が1926年に窯元を設立しました。初代小西陶古の孫にあたるのが、小西陶蔵です。備前市指定無形文化財・文化奨励賞・文部大臣賞・金重陶陽賞など受賞歴多数するなど実力のある作家としても知られており、作品は、いずれも芸術的であり、存在感があります。古典的な部分と斬新でモダンさを兼ね備えた兼ね備えた幅広い作風は見応えがあります。

こちらの徳利と題したこちらの作品は、非常に安定感のある趣で堂々としております。流れるような細工もあり、肌感や色味など見る角度によって景色が変わります。徳利の酒器として、花器の見立てとしても良いでしょう。

小西陶蔵 備前 徳利 酒器 共箱 1

 

小西陶蔵 略歴

1972年 第19回日本伝統工芸展に入選、その他の各工芸展に連続入選
1974年 日本工芸会正会員になる
1976年 第4回中日国際陶芸展に於いて、文部大臣賞を受賞
1980年 岡山天満屋にて初個展、以後天満屋各店にて個展開催
1988年 金重陶陽賞を受賞
1992年 日本橋三越本店にて個展、以後3年毎に日本橋三越本店にて個展開催
1997年 フランス国立陶磁器美術館での備前焼千年の伝統美に選抜される
2003年 岡山県文化奨励賞を受賞
2012年 第70回山陽新聞賞受賞
2013年 第1回備前市指定無形文化財認定者

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

杉並区にて下賜品『金彩鳳凰菊紋図』白磁盃を、買い取りさせて頂きました。

下賜品(かしひん)とは、皇室や宮家に対して功績があった場合や、皇室のためにお勤めをした時に賜る品のことです。

現在は下賜品を賜る機会は少なくなりましたが、戦前は下賜品を賜る機会も多く、シガレットケース、ボンボニエールのほか、花瓶、盃、懐中時計など、さまざまな品

が下賜されました。今回ご紹介の下賜品『金彩鳳凰菊紋図』白磁盃は、名工の手により、皇室を象徴する16枚の花弁を持つ「菊の紋」が刻印されています。

日本の伝統技術や国内産業を保護し、育成する役割も持つ皇室下賜品は、質・希少価値共に高まっています。こちらはヤフオク出品予定ですので、どうぞお楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

三鷹市にてフルートを買い取りさせて頂きました。

フルート

三鷹市にてフルートを買い取りさせて頂きました。

こちらのフルートはSANKYOのフルートになります。

SANKYOフルートは、フルート作りの名匠、故 久蔵菊雄と武井秀雄が、
総勢7人の技術者だけで三響フルート製作所を設立。

「いい音は、確かな技術と人の手からしか生まれない」

という理念を貫くための挑戦でした。

SANKYOフルートの強みは、金属の溶解から金型まで熟練した職人手掛けていいることだと思います。

とても高品質な楽器は、自社一貫製造でなくては成し遂げられないと思います。

ヤフオク出品予定です。

この機会にぜひ

慈光では、楽器の買い取りも行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

リヤドロ(lladro)のフィギュリン 、ドン・キホーテをヤフーショッピングで販売しております。

リヤドロ(lladro) DAISA フィギュリン ドン・キホーテ 陶器人形

 

慈光ヤフーショッピング リヤドロ(lladro) DAISA フィギュリン ドン・キホーテ 陶器人形

慈光では、西洋陶磁器、フィギュリンのお買い取り、販売を行なっております。

今回ご紹介するしなものは、ドンキホーテを表現したリアドロのフィギュリンてです。リアドロは、様々なキャラクターを制作しており、従来の写実的のようなもだけではなく、空想的なものが多く作られているのも、人気の理由のひとつです。

ドンキホーテは、約400年前に、スペインの作家 ミゲル•デ•セルバンデスによって書かれた物語です。騎士物語を読み過ぎて正気を失った郷士が、現実と空想区別がつかぬまま世界が虐げられた人々を助けに旅に出ると言う珍道中の物語です。世界中で読まれドンキホーテは、人気者になりました。

こちらのフィギュリンは、いわゆるドンキホーテの特徴をよく捉えております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

清水敦次郎『奥利根の秋』を買い取りさせて頂きました。

清水敦次郎は、1894年、新潟県三条市に生まれ。1915年に上京、太平洋画研究所で学び、主に木曽の山奥などを題材に描きました。1918年に文展に初入選して以後、

数々の展覧会で入選を続け、60歳になるまでに個展は20回開催しました。1935年から12年間は太平洋画会員でしたが、その後、示現会、白土会の結成に携わります。

1944年には東洋高等女学校で教鞭をとるなど、活躍しました。画風は終始地味で刻明で、やや冷たい写実主義に基く風景画で通し、山林美術協会にも関係していたそう

で、長野県西筑摩郡に独居して信州の山や渓谷を好んで描いていたそうです。

こちらの作品『奥利根の秋』は、1950年11月、清水敦次郎が72歳の頃に描いたものです。全体的にトーンが暗い印象ですが、しばらく眺めていると、深い森の中に引き

込まれ、朝の光が少しずつ差し込んできて、渓流の音が聞こえてくるようです。こちらは慈光店舗にて販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 


PageTop