TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

歌川一門画の浮世絵集・画帳をヤフオク!に出品中です

浮世絵画帳 歌川豊国・広重・国貞・国麿ほか 東海道名所風景
豊国から始まって歌川一門の浮世絵師の錚々たる名前が並んでおります浮世絵画帳(おそらく印刷画)を、ただいまヤフオク!に出品いたしております。
奥付が無い、私製本かスクラップブックかという体でありまして、発刊時期や発行元、編者など一切不明なままであります。辛うじて、国麿(春画で名を馳せたのと同じ?若しくは二代目か)の作とみられる画も、豊国・広重・国貞の重鎮たちに伍すかたちで複数収められておりますので、明治時代初期の製本・発行であろうかと推察致しておりますところです。
それにしても謎に満ちた折本一冊です。『東海道名所風景』と題されているのですが、風景画というよりも美人画ではないかというのも多いですし、同じ場所が重複していたりしますし、そもそものべ41景しかなくて、江戸内およびその近郊がごっそり抜け落ちている構成というのが解せません。付録?には歌舞伎役者似顔絵と古今名婦伝が数枚ずつ掲載されており、編集意図・目的には皆目見当もつかずにおりますまゝ、オークションに出品いたした次第であります。
一部にシミやカビによる汚れが目立つページもございますが、総じて色の残りが良く、肩肘張らずに閲覧する分にはいまだ支障のないレベルを保っておろうかと思われます。彫り師や版元の記銘から稀少性や価値をご判断なされました末、はてさて如何様な評価が下されますことかと、オク終了まで不安と期待に苛まされそうです。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

 

10月11日ヤフオク終了商品!!人間国宝・陶磁器など

バカラ

0549 バカラ Baccarat クリスタルガラス グラス2客セット ペア 口径約9.4cm タンブラー ロックグラス 箱入り

2020.10.11(日)21:01

明治記念写真帖 乾坤2巻

0540 明治記念写真帖 乾坤2巻 大正3年 山陽新報社刊 帙入り 古書 和書 坂本龍馬 幕末志士 隆盛 博文 乃木希典 古書 和書 写真集

2020.10.11(日)21:04

豊道春海 「春海先生手書法本」

1614 豊道春海 「春海先生手書法本」瑞雲書道会 書道本 古書 天台宗の僧・書家

2020.10.11(日)21:08

浅見喜舟著 行書蘭亭序

0544 浅見喜舟著 行書蘭亭序 昭和32年 岩崎書店発行 非売品 蛇腹折本 帙入り 古書 和書 漢文 漢籍 書道 名跡 王羲之

2020.10.11(日)21:09

宮本竹逕著 大字かな技法

0548 宮本竹逕著 大字かな技法 昭和55年5刷 二玄社刊&高野山書道奉賛会献書図録 昭和40年 金剛峯寺刊 2冊まとめて 古書 和書 習字 書道

2020.10.11(日)21:15

十二代 今泉今右衛門 「色鍋島菊絵飾皿」

1923 十二代 今泉今右衛門 「色鍋島菊絵飾皿」共箱 直径25.5cm 陶磁器

2020.10.11(日)21:20

九谷焼 三代 徳田八十吉

1920 九谷焼 三代 徳田八十吉 人間国宝 花器 花瓶 花入 花生 一輪挿し 碧明 彩釉 共箱 陶磁器

2020.10.11(日)21:24

 

豊道春海 「楷書千字文」

1617 豊道春海 「楷書千字文」 5冊 直筆 教本 折帖 書帖 書道本 古書 天台宗の僧・書家

2020.10.11(日)21:31

蛇腹折本 伝紀貫之書

0537 古書 蛇腹折本 伝紀貫之書 寸松庵色紙 昭和12年 武田墨彩堂刊 かな名蹟全集 別冊釋文・帙付き 和歌 習字手本 古書 和書

2020.10.11(日)21:31

豊道春海 「楠公帖」

1615 豊道春海 「楠公帖」直筆 折帖 書帖 書道本 古書 天台宗の僧・書家

2020.10.11(日)21:36

間国宝 十三代 酒井田柿右衛門

1921 人間国宝 十三代 酒井田柿右衛門 「錦牡丹文」花瓶 花器 花生 壺 共箱 陶磁器

2020.10.11(日)21:46

金重まこと

1924 金重まこと 備前焼「緋襷湯呑六入」 6客 円山窯 共箱 (父:金重素山) 陶磁器

2020.10.11(日)21:50

10月11日終了分を数点紹介させて頂きました。

この他にも古書・こけし・陶磁器・絵画など

出品しております、お見逃しなく

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

ヤフーショッピングで、益子焼、武田敏男の花器を販売しております。 

武田敏男 「草文花瓶」 花器 益子焼

アンティーク慈光ヤフーショッピング 武田敏男 「草文花瓶」 花器 益子焼

アンティーク慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、武田敏男作の益子焼の花瓶です。武田敏男は、1932年、富山県に生まれました。その後、金沢美術工芸大学で北出塔次郎に師事し、京焼の米沢蘇峰に学びました。転機として、鉄絵で有名な人間国宝の田村耕一に師事したことから益子に築窯しました。益子で釉薬と焼成の研究を重ねました。バランスのとれた形成された陶器に素朴な文様を描法が特徴です。

こちらの陶器も、無駄のない形をしており、薄っすらと浮かぶ縞模様の上に、一筆書きの草木が大きく描かれており、素朴でありながら力強さも感じます。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

十三代 酒井田柿右衛門 「錦牡丹文」ヤフオク出品中です。

十三代 酒井田柿右衛門 「錦牡丹文」

十三代 酒井田柿右衛門 「錦牡丹文」ヤフオク出品中です。

 

柿右衛門は貴族や富裕層向けに輸出されましたが、西洋で磁器生産が始まると

徐々に衰退していきました。

しかし、後に11代柿右衛門そして12代柿右衛門と高級色絵磁器に情熱を燃やし、12代・13代柿右衛門が濁し手を復活させます。

十三代 酒井田柿右衛門は1971年には重要無形文化財(人間国宝)に指定されてています。

 

こちらは酒井田柿右衛門の工房作品となりますが、一流の職人によって描かれた牡丹文は美しく優雅です。

柿右衛門といえば余白、この絶妙な余白使いが優雅さを演出していると思います。

大きさも高さ18センチと場所を取らず、この花器を置くだけでその場所が映えると思います。

10月11日ヤフオク終了予定です。

お見逃し無く。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

大塚敏雄の油絵『箱根秋景』を店頭にて販売しております

大塚敏雄 油絵 箱根秋景
肉厚の筆致にて描き込まれた秋の箱根の風景を捉えた、大塚敏雄の油絵『箱根秋景』を慈光店内にて陳列販売いたしております。
1922年群馬生まれの洋画家 大塚敏雄は、濃厚なエロスの湧き立つ白い裸婦画で名を馳せておるようですが、それに没入する以前には抽象画にも手を染めていたそう。本作はフォーヴィズム 野獣派 と印象派の反映が顕著に映りますので、制作時期はもしや彼のキャリアに於いてかなり初期であるのかもしれません。
シンプルな構図に、赤というか赤黒く燃え上がるような紅葉を感覚と情念に任せて描き上げた一作なのでしょう。同じく赤い代表作のある、ふた世代ほど年長の大家たち、マティス(『赤のハーモニー』)と M. d ヴラマンク(『赤い木のある風景』)あたりから刺激、直感を受けたのではないかとも推測されますね。
画幅30センチ余りの小品でありますが、紅葉前線北上中の今の季節にまさに合致、秋の夜長に読書かたがたブランデーでも舐めつつ鑑賞するのも一興でありましょうか。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop