TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

九州地方の郷土玩具『べんた人形、豆羽子板、雉子車』を買い取らせて頂きました。

 

九州地方の郷土玩具を買い取らせて頂きました。

郷土玩具は、身近な材料を使い、こどもへの思いや健やかな成長を願って作られたものが多く、郷土色豊かな玩具が伝承されてきました。

写真奥左のお人形は、熊本八代市で広がった、べんた人形です。主に幼女が着せ替え人形やままごとに使うお土産品、飾り物として愛用されてきました。

江戸時代にこれを創始した作者弁太の名をとって「べんた人形」と呼ばれるようになりました。なんとも個性的な顔つきです。

その隣の豆羽子板は、30㎝ほどの高さで、鹿児島神宮 信仰玩具の豆羽子板のような絵柄と似て、上部に鶴の絵が描かれています。

手前の車がついている玩具は、雉子車(きじぐるま)と言われ、その歴史は古く、806年頃に伝教大師が唐から帰国の際に現在の福岡県清水寺がある山に導かれ、

道に迷ったところ一羽の雉が道案内をしたという伝説が由来となっています。開運、縁結び、家庭円満のお守りとして現在も福岡県みやま市で生産されているそうです。

これらの郷土玩具は、30~80銭の値札が付けられているので戦後まもなくのものと思われます。

それぞれ古びていますが、東北地方の玩具のこけしとはまた違った味わいがあり、見ていて楽しくなります。

こちらの九州地方の玩具は、ヤフオク出品予定です。お楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

2021年度の通常営業は、本日迄です。

 

今年度の通常営業は本日までとなります。明日の12月29日から正月休みとさせて頂きます。

来年度の営業は1月6日木曜日からとなります。

本年も、格別のご愛顧を賜りまして誠に有難うございました。
コロナ禍にも関わらずご来店頂き。当店としては誠にありがたい限りです。

来年度もより一層のお引き立てを、何卒よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

関川村の猫ちぐらを慈光ショールームで販売しております。

 

 

猫ちぐら 関川村

 

慈光ショールームにて、猫ちぐらを販売しております。

こちらの猫ちぐらは、関川村で制作されたものでありコシヒカリの稲藁で編み込みされています。平成八年、川又三右衛門さんによって作られたものです。大きいサイズで直径44cm、高33cm、入口は、横幅17cm、縦幅12cmと大きい猫でも、もしくは何匹か入れるサイズですね。

猫ちぐらは、長野県、新潟県で稲藁を編んで作られた猫用の寝床です。歴史は古く、江戸後期には、用いられており三代目 歌川広重の「百猫画譜」には猫ちぐらに猫が入っている様子が描かれています。関川村では、村の豪農が愛猫の為に作らせたのが始まりと伝えられています。猫ちぐらの作家によって作風が異なり、各地に名人が存在しますが、高齢化と作り手減少により、若手作家の育成が急務とされています。通常の猫ちぐらは、注文を受けてから製作に要する日数は約1週間。使用するわらはコシヒカリ約20把とさられています。

 

現在でも猫の愛好家や、民芸品のコレクターから非常に人気があり、関川村の猫ちぐらは5年~6年待ちと言われている程です。夏は涼しく、冬は暖かい猫にとっては最高の居心地を感じられるでしょう。

猫ちぐら 関川村

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

大津英敏「いのり」リトグラフを、ヤフーショッピングで販売しております。

大津英敏 リトグラフ 版画 「いのり」

 

慈光ヤフーショッピング 大津英敏 リトグラフ 版画 「いのり」

慈光では、絵画の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、大津英敏のリトグラフです。大津英敏は、山口薫に師事。その後、幻想的な作品を制作『毬シリーズ』。1979年にフランスに行った後に、大津英敏の作風の基盤となった二人の娘を描いたもの、少女シリーズを制作し始めます。家族を描く作品の他にも、風景画や壁画作品を制作し、渋谷駅の地下街にある大津英敏「海からのかおり」は七里ヶ浜に立つ娘を描き、相模湾、江ノ島、富士山を眺めた作品、縦2.4m、横9mの大きなステンドグラスに自然と家族を開放的に描かれた作品をなっており、東京メトロの通路でひと際 存在感があります。

『いのり』と題した、こちらの作品は、青を基調とした画風で、非常にいい表情をしています。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

 

メイソンズ社(MASON’S)のアンティーク絵皿を販売しております。

メイソンズ(MASON’S)の VISTAシリーズのアンティーク絵皿を店頭にて販売しております。

裏印はMasons Patent Ironstone China Vista Englandとなっており、直径38㎝ほどの大皿で、1950年代のものと思われます。

イギリス・ロンドンで1796年にに創業された陶器メーカー「MASON’Sメイソンズ」社は、英国の家庭で今もなお愛され続けています。

当初は創業者のマイルズ・メイソンがロンドンで陶磁器輸入業からはじめ、後に工場を作って生産もはじめました。

そして1813年に当時若干21歳であった息子のチャールズ·ジェームズ·メイソンが“ironstone china”の特許をとり、

それ以来メイソンズが作る食器は、高価で壊れやすい中国からの輸入磁器に劣らず美しく、硬くて丈夫ということで、日常に使う器として広く使われたそうです。

メイソンが独自で始めたこの陶器の製作はすぐにイングランド全体の工場へと広まり、陶器製作の定番となりました。

しかし1968年、同様に硬質陶器を扱うウェッジウッドグループとなり、現在では生産がされておらずメイソンズの陶器は大変希少なものとなりました。

「VISTA」は、並木などに囲まれた美しい遠景という意味を指しますが、この皿の縁にはぐるっと葡萄の葉が描かれ、中央にはお城を眺める人々の優雅な風景画となっています。

是非、店頭でご覧下さい。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop