TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

ヤフーショッピングで18金 赤珊瑚の指輪を販売しております。

 

慈光ヤフーショッピング 赤珊瑚 ヴィンテージ 指輪(♯10)18金 総重量 4.4g

ヤフーショッピングで18金 赤珊瑚の指輪を販売しております。

中国では赤は縁起の良い色とされており、近年の中国の景気の良さで価格が高騰していました。

宝石の珊瑚は深みある赤色を想像しますが、種類や色の濃度によって名称も値段も変わってきます。

中でも日本産の珊瑚は最高級と言われており、色の濃度と品質が良く、色は血の様な深みがあります。

近年は値上がり傾向がみられるため、購入をご検討の方はお早目に。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

本阿弥光隆 赤楽茶碗をヤフーショッピングにて販売しております。 

本阿弥光隆  赤 楽茶碗 共箱 本阿弥窯

慈光ヤフーショッピング 本阿弥光隆  赤 楽茶碗 共箱 本阿弥窯 

慈光では、陶器、陶磁器、茶道具のお買い取り販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、本阿弥光隆の皿 鉢です。本阿弥光悦の末裔の作家です。本阿弥家は足利家に仕える研磨師の一族です。現在も本阿弥流の研磨が主流となっております。本阿弥家は刀剣の研磨では超一流ですが、書画、漆芸、陶芸などでも活躍し、日本美術に大きな影響を与えています。

こちらの皿 鉢は、非常に綺麗な赤褐色色をしており、表面の釉薬は程よい光沢で品の良さを感じます。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

金田鹿男の小紋三島手花生を、慈光ヤフーショッピングにて販売しております。

金田鹿男 花瓶 「少紋三島手加花生」

慈光ヤフーショッピング 金田鹿男 花瓶 「少紋三島手加花生」

金田鹿男の小紋三島手花生を慈光ヤフーショッピングにて販売しております。

 

師は練上手の技法でしられる、人間国宝の松井康成ですが、師のまねをする事はせず、シンプルな象嵌三島の技法を貫いています。

 

金田さんの作品はリズミカルで繊細な紋様が特徴的ですが、模様の複雑さとは変わって柔らかい印象をうけます。

謙虚でモダンな雰囲気があり、和室、洋室問わず、部屋に飾る事のできる一品です。

 

略歴

1938年茨城県生まれ

人間国宝、松井康成に師事

1975年伝統工芸新作展に入選

1976年日本伝統工芸展に入選

日本伝統工芸展正会員

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

オーギュスト モロー(Auguste Moreau)のブロンズ像ヤフーショッピングにて販売しております。

August Moreau (オーギュスト モロー)天使 ブロンズ像

慈光ヤフーショッピング August Moreau (オーギュスト モロー)天使 ブロンズ像

アンティーク慈光では、各国のブロンズ像を多数取り扱っております。ご来店された方は、ブロンズ像がたくさんあることはお分かりでしょう。

今回は、フランスの彫刻家オーギュストモロー(1834〜1917)はAuguste MoreauはJean-Baptiste Moreauの息子であり、Hippolyte Moreau、mathurin Moreauの兄弟であり彫刻一家の出身です。クリスティーズオークション、トロワ美術館やボルドー美術館などの美術館に展示されるなど現在でも評価されています。いかにもフランスらしい特徴があり、上品な佇まいです。

 August Moreau (オーギュスト モロー)天使 ブロンズ像

慈光 ヤフーショッピング

 

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

マルク・シャガールの複製画「ヨセフ」を店頭にて販売中です

マルク・シャガール 「ヨセフ族」『エルサレム・ウインドウ』より
マルク・シャガール(1887~1985)が聖地エルサレムの新教会(ユダヤ教)の為に描いた12枚連作の『エルサレム・ウインドウズ』からの一枚 「ヨセフ」 の複製画が入荷しております。
アンドレ・マルローに依頼され1964年に完成したオペラ座の天井画の制作をはじめとして、フランスでの活動が長くまた充実していた(ただ大戦中には米国に亡命していたが)シャガールですが、出生の地は旧帝政ロシアの現ベラルーシで生粋のユダヤ人なのは、殊に本邦では見過ごされがちかもしれません。
戦後まもなくの1959年に、ユダヤ教の新しい教会の建設が決まり、内装のステンドグラスのデザインを依頼されたシャガールは、自身が深く信仰するユダヤ教の聖典「旧約聖書」を素材に、その中のイスラエル12部族をテーマとして、見事な色彩と迫力ある描写で精神性の深い12枚のステンドグラスを生み出したというわけです。
今回の品はそれらの内からヨセフをテーマとしたもの。それら12人の息子の父であるヤコブが今際にひとりひとりに残した最期の言葉(旧約聖書 創世記 第49章)が、インスピレーションの源のようです。このヨセフでは、「ヨセフは実を結ぶ若木、泉のほとりの実を結ぶ若木。その枝は、かきねを越えるであろう。」という、第22節がそれに当たります。年長の兄弟たちに迫害されエジプト行きとなり苦難と栄誉(宰相に就く)を味わい、偶然が重なり自国民を飢饉から救うことになる救世主ヨセフの将来、行く末を示唆するような父の遺言であると解釈出来るかも知れませんね。
目映いばかりにグラス一面を覆う黄色の全体色は、穀物(麦)や財産、豊穣を象徴しているのでしょうか。画中右手に見える雌牛(七年間の大豊作が訪れ、その後七年間の大飢饉が訪れるという、エジプトのファラオの夢に出た預言に関連?)らしきのが6頭しかいないのが少し腑に落ちずにおります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2


PageTop