TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

古伊万里 天保染付地図皿を、慈光ヤフーショッピングにて販売しております。

古伊万里 天保染付地図皿 天保年製 箱付 

慈光ヤフーショッピング 古伊万里 染付地図大皿 天保年製 箱付 

慈光では、陶器、陶磁器をお買い取りい、販売しております。古伊万里 天保染付地図皿をヤフーショッピングで販売しております。

染付地図皿は天保時代に作られたもので伊能忠敬が日本全図を完成したのに影響を受けて作られました。

天保時代に多く作られた有田焼で、当時、お伊勢参りの流行した時代に作られた品物です。博物館に飾られたりと美術品としてより、歴史的価値の方が高いようです。

当時の都、平安城が中心に描かれています。女護國や小人國など、想像上の国名も書いてあって陶工の遊び心が見えます。

当時の人々の暮らしや文化がうかがえる興味深い品です。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

マイセン (MEISSEN)ベーシックフラワーの花瓶を、ヤフーショッピングで販売しております。

マイセン Meissen 広口花瓶 フラワーベース 五つ花 (裏に小花柄二つ) 花文 金彩

 

慈光ヤフーショッピング マイセン Meissen 広口花瓶 フラワーベース 五つ花 (裏に小花柄二つ) 花文 金彩

慈光では、西洋陶器の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、マイセンの花瓶です。マイセンは、西洋陶器を代表するメーカーであり、高いクオリティーと芸術性を併せ持った陶器を制作し、世界中にコレクターや、愛用者がいます。マイセンのベーシックフラワーのシリーズは、マイセンの王道とも言えるシリーズです。30種を超える花のパターンを手描きによって組み合わせることで、様々な種類のパターンが生まれます。

こちらの花瓶は、マイセンらしい造りであり、赤、紫、ピンクを基調とした花が描かれており、非常に華やかな印象を与えます。後ろ側は、黄色と青の花も描かれております。口縁が程よく広がり、バランスの良い形成で、高さ約19cm 口径約8.8cmと非常に使い易いサイズとなっております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

雨宮喜能登の窯彩硝子作品を、慈光店舗にて販売しております。

今回ご紹介の商品は、雨宮喜能登(あまみや きのと)のガラス工芸作品で、窯彩硝子の花瓶です。

窯彩(ようさい)硝子は、15世紀フランスの王侯貴族たちに人気があった装飾品の技法で、19世紀末に硝子工芸作家のエミール・ガレーにより開花しました。

様々な色彩の硝子粉末を調合し焼き付けたもので、硝子七宝とも呼ばれています。硝子と溶解度の違う釉薬の調合、肉筆彩色、温度処理法が非常に困難なために、次第

に世の中から姿を消して行くこととなりましたが、日本では雨宮の独学により、現代に復活させたと言われています。高貴で品格を備えた窯彩硝子は国内外で高く評価

されています。こちらの花瓶は、鮮やかな青色に可憐な花が描かれており、目を惹く作品です。只今、慈光店舗にて販売中です。モダンな空間のディスプレイとしてい

かがでしょうか。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

コールポート(coalport) のカップ&ソーサーを、慈光店舗で販売を行っております。


慈光では、西洋陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

コールポートのアンティークの、カップ&ソーサーを慈光店舗で販売しております。コールポートはイギリスの陶磁器メーカーで、18世紀後期に開業しました。フィギュリン、ビスクドールなども制作していました。絵付けや、形成など非常に高い技術があり、様々なデザインを生み出してきました。華のある金彩や、多彩の色彩は、古き良きイギリスの雰囲気を醸し出しております。ヴィクトリア女王からロシア皇帝の贈り物として制作を依頼されるなど格式高さも合わせ持っていました。を取り入れてきました。また卓越した絵付け師達が在籍していました。1845年にはヴィクトリア女王からロシア皇帝の贈り物として制作を依頼されるなど格式高さも合わせ持っていました。こちらのカップ&ソーサーは、すっきりとしておりますが、曲線で成形されており。品のある図案で絵付けされております。

慈光ヤフーショッピングでも販売しております。コールポート(coalport) カップ&ソーサー アンティーク

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

田村能里子のリトグラフ作品を、慈光店舗にて販売しております。

田村能里子は油絵、壁画で有名な画家で、アジアを中心とした女性の凛とした逞しい姿を描き、高い評価を受けています。

1944年に愛知県に生まれた田村能里子は、中学校3年生の時に画家としての道を志しました。そして1962年に上京し、武蔵野美術大学油絵実技専修科へ入学します。

同校卒業後に結婚し、夫の赴任地であるインドで4年間生活をし、インドの伝統的な文化などに大きな影響を受けました。滞在中は現地の女性を描き続け、帰国後も何

度もインドを訪問し現地で暮らす人々を題材にした作品を数多く制作しました。1986年に文化庁芸術家在外研修員として中国に留学、西域各地を探訪しその後もタイな

どのアジアを中心に、国内外で数多くの壁画を制作し、画家としての地位を確立していきました。画家として油絵をメインにパステル画やリトグラフ、デッサンなど

様々な技法を用いて活動を展開していましたが、次第に壁画へと活動の軸が移っていきます。中国・西安のホテルを始め競馬場、豪華客船、コンサートホール、病院な

ど、多くの壁画を手がけ、日本だけでなく世界で高い支持を得ています。

今回ご紹介のリトグラフ作品は、田村能里子作品の象徴的な色である「赤」を使い、布越しに何かを見つめている女性の姿は美しく、アジア女性のたおやかさが見事に

表現されています。慈光店舗にて販売しておりますので、是非ご覧ください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 


PageTop