TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

十三代中里太郎右衛門 ・絵唐津の皿を、店頭にて販売しております。

唐津焼は、江戸時代初頭から肥前国(現在の佐賀県および長崎県)に散在する諸窯で生産された陶器の総称と言われています。

窯場が林立したため、燃料の薪を得るために山野の荒廃が深刻な問題となったことで、多くの窯元が取り壊されました。

その後、300年程途絶えていた古唐津の陶技を研究、再興した十三代 中里太郎右衛門(1923〜2009年)は、父である無庵の古唐津の再現を継ぎながらも、

その中でも「叩き」の技法を基本として独自の作風を築きました。

こちらの絵皿は、直径20㎝弱の大きさで素朴な絵文様、簡略な型、渋い色調と砂気の多い黄白色、茶褐色の土に特徴があり、飽きのこない色調に渋みがあります。

慈光店舗にて販売しておりますので、どうぞご覧下さい。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

Irish Dresden アイリッシュドレスデンのレースドールを慈光店舗にて販売しております。

アイリッシュ ドレスデン レースドール

慈光では、西洋陶磁器のお買い取、販売を行なっております。

現在、慈光店舗にてIrish Dresden アイリッシュドレスデンを展示、販売を行なっております。

アイリッシュドレスデンは、1895年、レースドールで有名なドイツのチューリゲン地方フォルクシュテッドで創業し、イギリスに渡った陶磁器メーカーです。。ジョアンナ・サアと芸術家アントン・ミューラーによって、高品質で、豪華な磁器を制作する工房を開設したのが始まりです。

1907年ミューラー、フォルクシュテッド社を設立。第二次世界大戦で壊滅てきな被害に遭い、貴重な型(モールド)を持ってイギリスに渡り再興を果たし1963年アイリッシュドレスデン社と名称を改め現在に至ります。

職人の熟練された技術によって繊細の限りを尽くしたアイリッシュドレスデンのレース磁器人形は、現在でも非常に人気があります。
特殊な磁器粘土に、レースに染み込ませ飾り付けを行います。その後1300度で焼き付け、レースは燃え尽き残ったものが。作品となっていきます。

こちらのレースドールは、レースがふんだんに装飾されており素晴らしい造りとなっております。

 

アイリッシュ ドレスデン レースドール

アイリッシュ ドレスデン レースドール

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


ローゼンタール・スタジオライン、フラワーベースのプレートを販売しております。

1879年に開業したドイツを代表する磁器メーカー、ローゼンタール社は、伝統的な製品を作り続けるだけでは、たとえそれが優れたものであっても意味を持たないとい

う考えから、1961年にあたらしいライフスタイルを創り出すクリエイティブなコレクションとして、『ローゼンタール・スタジオライン』を立ち上げました。

こちらのフラワーベースのプレートは、ローゼンタール社ではなかなか見かけない絵柄で、開業100年の際に作られたようで、裏面にその刻印があります。

1951年のミラノ・トリエンナーレをきっかけとして北欧デザインが大きな変革をもたらし、その北欧デザインを代表するデザイナーの多くが『スタジオライン』に非常

に優れた作品を発表しています。このプレートもその頃の影響と思われ、暖色系のフラワーベースが北欧調で可愛らしいデザインです。壁掛けプレートとして飾ると、

よりオシャレな空間を演出できそうです。こちらは店頭で販売しております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

松尾藻風、萩焼の水指をヤフーショッピングで販売しております。

萩焼 松尾藻風 水指 共箱

慈光ヤフーショッピング 萩焼 松尾藻風 水指 共箱

慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、萩焼、松尾藻風の水指です。萩焼と言えば、『一楽、二萩、三唐津』と称され、古くから茶人に愛用されてきました。

松尾藻風は、有田で育ち、初代藻風に陶器制作を教わり、その後茶道具を制作、習得するため萩へ拠点を移し、萩焼の作家となります。有田焼、萩焼焼の両刀使いの珍しい作家さんです。また、食器類などは水漏れ、変質を防いだ萩焼を創作し、従来の萩焼に新たなテイストを加えた作品が特徴です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

 

川上音二郎一座の上演したシェークスピア劇『オセロ』のポスターを、買い取らせて頂きました。

こちらは、明治36年に川上音二郎一座がシェークスピア劇『オセロ』を明治座で上演した時のポスターです。

「新派劇の父」と称される川上音二郎(1864~ 1911年)は筑前黒田藩出身の「オッペケペー節」で一世を風靡した興行師と言われています。

川上の始めた書生芝居はやがて新派となり、歌舞伎をしのぐ人気を博しました。

川上音二郎一座は、1900年に、イギリス、ロンドン、フランスのパリへ渡り、歌舞伎風のショー、「芸者と武士」を上演し、ヨーロッパの人々の好奇心を集めました。

そして、ヨーロッパから帰国した川上一座は、正劇と称し、シェイクスピア劇を次々と上演し始めました。それらは、日本の観客にアピールするように、翻案劇の形を

とっており、とりわけ、『オセロ』は、日本版では、日清戦争後日本領とした台湾を舞台とし、オセロが台湾の植民地総督として赴任する劇に変わっていたそうです。

川上一座によって、日本で初めて上演された『オセロ』は、評判となりました。

こちらのポスターはヤフオク出品予定ですので、どうぞお楽しみに。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 


PageTop