TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

上村淳之 『瑠璃鳥』 リトグラフをヤフーショッピングでも販売しております。

上村淳之 瑠璃鳥 リトグラフ 限定300部中の250番

慈光ヤフーショッピング 上村淳之 瑠璃鳥 リトグラフ 限定300部中の250番

慈光では、日本画、掛け軸などのお買い取り販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、上村淳之 のリトグラフ、『瑠璃鳥』と題したリトグラフです。

上村淳之 は、花鳥画を得意としており、当店では、何度も取り扱っております。鳥の愛好家としてもしられており、自然の中にいる鳥を始めとした生き物を描き、季節を感じる色彩や、ゆとりのある構図など安堵感のある作品が特徴的です。

また、上村松園、松篁に継ぐ、日本画を代表する一家に生まれ、京都市立美術大学を卒業し数々の賞を受賞しております。

こちらの瑠璃鳥は、おながの部分が黄色いことからルリビタギという種類かもしれません。夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬し。日本では、夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬します。また幸せの青い鳥と言われ非常に人気があります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

岩崎巴人の掛軸「五老峰図」を慈光店舗にて販売しております。

岩崎巴人 掛軸 「五老峰図」

 

慈光では、掛け軸、書画、絵画などのお買い取り、販売を行っております。

慈光店舗にて岩崎巴人の肉筆の掛け軸を販売しております。

岩崎巴人は、大正6年(1917)東京都に生まれ、早くも中学生から川端画学校夜間部で日本画を学びました。その後、小林古徑に弟子入りし、その後、当時一世を風靡していた日本美術院展第25回に「芝生」が入選し横山大観からも高い評価を得るなど、若くして頭角を現します。その後も数々の入選を果たすも、日本美術院を退会し、各地を放浪しながら、作品を描きました。その後、美術展等に出品し高い評価を得ます。その後、浄土宗禅林寺に出家します。絵と求道の精神を一体化させ日本画の分野で独自の展開を繰り広げたとされ、画僧として、日本画の異色作家として独特で、味のある絵を制作していきます。

ヤフーショッピングでも販売しております。→慈光ヤフーショッピング 岩崎巴人 掛軸 「五老峰図」

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

綿貫宏介の油彩風景画を店内にて販売いたしております

綿貫宏介の油彩風景画(3号)
慈光は頂戴いたしておりました夏季休業を昨日にて終え、本日より平常通りの営業を再開いたしております。
芸術の分野、垣根を飛び越えた創作活動を展開し、本年正月に没した熊本出身の無汸庵こと綿貫宏介(1926~2021)の作品であるとされます、地中海の港湾都市を描いたものではないかと思われます油彩風景画の小品(3号)が休暇前に入荷、ただいま店内にて販売中です。
1956年に戦後初のポルトガルへの留学生(外交史修学が目的であった)のひとりとして渡欧し、その地で洋画家としての画業が注目される成功を収めたといいます。40点近くの絵画作品がリスボン国立近代美術館をはじめとした欧州とアフリカ各国の美術館に収蔵されているそうです。その詳細は判然としないのですが(氏の画集が国内の図書館にまったく所蔵されていないということが示す如く情報不足)、ワタヌキ・センセイへと銘打った追悼記事がポルトガル現地で出回ったくらいですから、著名度と認知度、評価の高さが窺われます。
日本に戻ってからの1970年代初頭頃以降は、その縦横無尽、自由闊達な創作~絵画に留まらず、各種デザイン・彫刻・陶芸・ガラス・建築・詩文芸・和紙・篆刻・染色・酒・茶道・点心などなどの諸領域~を生かし、商業~ブランド・デザイナー的な活動に大きく踏み込んで来ました。なかでも1980年代後半に有馬温泉の御所坊の意匠に関わったことが特に広く知られているようです。
当絵画作品には題名が見当たりませんが、地中海(エーゲ海?)の海辺に数多ある観光・避暑地~クロアチアのドブロブニク、イタリアならアマルフィ・チンクエテッレ・サントリーニ島といったあたりが想起される~の景色を描いたものでしょうか? あるいは1966年まで定住状態だったポルトガルの首都リスボンの街並みを捉えたものでしょうか。間近で観ますと立体感のある厚塗りでフレスコ画かあるいはテンペラ画かもしれない気がして参ります。制作時期も不明ですが、往時の欧州逗留時代を懐かしみつつ描かれたものであるのかもしれませんね。建物の密集状態を強調したフォルムや構図がユニークですが、むしろ上空の鮮やかなロイヤルブルーに氏の強い拘りが感ぜられる気がいたします。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

買取はこちら
買い取りバナー2

不老園 四滴茶入をヤフーショッピングで販売しております。

不老園 四滴茶入

慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、不老園造の四滴茶入です。

四滴茶入は、水滴(すいてき)、手瓶(てがめ)、油滴(ゆてき)、弦付 (つるつき)の四種の茶入れの組み合わせで、現在は薄茶の茶入れとして用いられています。流派によって様々で、水滴もしくは油滴を濃い茶に使うことも出来るようです。使い方も様々あり、棚に飾る場合、お茶を掃く時、拝見の仕方、廻し方も口や弦、の方向を、茶筅、釜付、茶杓に対して変える動作ががあり、流れを意識した所作が求められます。ひとつの陶器と見ると直径6cmほど、胴体部分の高さは7cm前後と手にすっぽり収まる大きさで、織部、黄瀬戸など四種の陶器としても堪能できます。

不老園 四滴茶入 茶道具

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

松井康生 灰釉の茶碗を、ヤフーショッピングで販売しております。

人間国宝 松井康成 灰釉茶碗 茶道具

慈光ヤフーショッピング 松井康成 灰釉茶碗  茶道具 共箱

慈光では、茶道具のお買い取り、販売を行っております。

今回、ご紹介する品物は、人間国宝の松井康成の灰釉の茶碗です。

松井康成と言えば、練上の最高峰として知られていますが、それ以外の工法の作品も多く手掛けております。練り上げの技術を集約した萃瓷(すいじ)、ダイヤモンドで研磨し宝石のように仕上げた玻璃光(はりこう)、独自の色彩、光沢を開拓し、技術的、芸術的にも日本を代表する陶器作家であります。同時に茨城県笠間市の月崇寺の住職という経歴を持ち一風変わった作家としても知られております。紫綬褒章、旭日章、日本工芸会常任理事、重要無形文化材保持者(人間国宝)という華々しい経歴も併せ持ちます。こちらの灰釉の茶碗も当然、肌感、光沢、自然な色合い、筋目、成型、手触りを盛り込んだバランスの良さ、匠の技の詰まった作品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop