TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

岩崎新定、膳所焼の茶壺『淡海ぜぜ』をヤフーショッピングで販売しております。

岩崎新定 茶壺 淡海ぜぜ 膳所焼 陽光園

慈光ヤフーショッピング 岩崎新定 茶壺 淡海ぜぜ 膳所焼 陽光園

慈光では、茶道具の販売、お買い取りを行っております。

今回ご紹介する品物は、膳所焼の茶壺です。茶の世界に影響を受けた膳所藩主(現 滋賀県大津市)、菅沼定芳が、1600年代初めに窯を開いたのが初めで御用窯となった、後に石川家が膳所藩主となり更に発展させました。石川忠総が茶人の小堀遠州の指導を受けながら茶器に力を注ぎ、遠州七窯の一つとなり、大名などに愛用、重宝されました。1651年、石川忠総が死去し、石川家の移封などの影響により衰退の一途を辿ります。

しかし、1919年、膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が、登り窯を開き伊東陶山の指導もあり見事に復活させました。息子である岩崎新定が継承し現在に至ります。

こちらの茶壺は、迫力があり、透き通った釉薬と流し釉が特徴です。非常に高い品質で、口覆、茶壺紐、蓋も非常に丁寧に作られています。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

 

 

今泉今右衛門の『緑地草花更紗菓子器』を販売しております。

 

 

1871年の廃藩置県で途絶えた鍋島焼の伝統は、十代今右衛門から十一代・十二代と三代かけ江戸期色鍋島の復興に成功し、21世紀に至っています。

1975年に襲名した十三代今泉今右衛門は、造りだす技術は江戸期から伝わる手仕事でしたが、伝統工芸は現代の人に向けた新しい仕事でなくてはならないという考え方

のもと、色鍋島の世界に芸術性を加え、現代の色鍋島として吹墨・薄墨・緑地の技法を確立しました。1989年平成元年、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定

を受けています。

こちらの作品は、十三代の代表的作品『色絵緑地草花更紗文花瓶』と同じ技法で、染付の青と上絵の緑だけですっきりとまとめられた緑地技法を用いています。

ヤフオクでも出品中ですので、どうぞご覧ください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

藤原雄(備前焼)のぐい呑を、ヤフーショッピングで販売しております。

藤原雄 備前 ぐい呑

慈光ヤフーショッピング 藤原雄 備前 ぐい呑 酒器 人間国宝 

慈光では、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、備前焼の作家である藤原雄のぐい呑です。藤原雄は、1932年(昭和7年)に岡山県備前市に生まれ、父は、人間国宝である藤原啓。備前志野の創始者である藤原敬介は弟である。左目は見えず、視力が悪いハンデがあったが、備前焼の従来の伝統技術を押さえつつ、独創的で感性溢れる作品が魅力があります。経歴も変わっており、明治大学の文学部を卒業した後、出版社に就職するが、父の看病の為、一時帰郷した。陶磁器研究家のスペシャリストで、作陶家でもある小山富士夫に陶芸の道を勧められ、藤原雄父に師事、陶芸の道を歩み始める。その後、日本、世界で活躍し、1996年に人間国宝に。父に続き二代亘って選ばれました。

こちらのぐい吞は、まだ人間国宝になる前の昭和40年代後半辺りの作品であり、この時期は、積極的に海外での出品、評価された頃であり、備前焼の特徴を散りばめた作品となっております。

作家:人間国宝
昭和38年 国際陶芸展グランプリ受賞。
昭和39年 アメリカ・スペイン等の大学で講座を開く。
昭和41年 サンフランシスコ州立大講師となる。
昭和48年 金重陶陽賞受賞。
昭和55年 岡山県重要無形文化財に指定される。
平成 8年 重要無形文化財保持者『人間国宝』に認の定される。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

パーカー万年筆「パーカー#75」を買い取らせて頂きました。

パーカー万年筆の代表的なシリーズ「パーカー#75」は、生産されていた1964年から1993年までの29年間のあいだに、数々のモデルチェンジが行われていました。

一見どの年代のものも変わり無いように見えますが、細かい部分でモデルチェンジを何度も繰り返してきたそうです。

キャップリングの刻印、ペン先の刻印、首軸部分、クリップのデザインと、年代によってさまざまな違いがあります。

その中でも一番分かりやすい部分が天冠のデザインです。

『初期モデル』は、1964年から1970年頃までのデザインで、平坦な作りが特徴的で、「フラットタイプ」と呼ばれています。

『後期モデル』は、1980年代後半から、生産終了の1993年までの間のデザインで、「ディンプルトップ」と呼ばれています。

「パーカー#75」には、コレクター心をくすぐる要素を多く持ち合わせており、年代ごとの違いを楽しむことができます。

こちらはヤフオクにて出品予定です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

仁清写青波文の茶碗(平安 桐凰造)をヤフーショッピングにて販売しております。

平安 桐凰造 仁清写青波文 茶碗  茶道具 共箱

慈光ヤフーショッピング 平安 桐凰造 仁清写青波文 茶碗  茶道具 共箱

慈光では、茶道具、掛け軸、陶器、陶磁器のお買い取り、販売を行っております。

今回、ご紹介する品物、仁清写青の平茶椀です。季節によって湯の加減や、色合いを変えることにより、季節を味わうことが、茶道の醍醐味のひとつではあります。平茶碗は、熱が籠りにくいため湯が早く冷めます。色合いも爽やかな白、青などが多く、水をモチーフにしたものが多いのが特徴であります。茶を茶を点てる際には、零れやすいのでリラックスして点てると良いとのことです。

こちらの平茶碗は、金彩の波紋型に淡い藍色で彩色、白磁も際立っております。これから夏本番、おすすめの一品です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop