TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

北の湖のリトグラフをヤフーショッピングにて販売しております。

北の湖敏満 リトグラフ 版画

アンティーク慈光 ヤフーショッピング 北の湖敏満 「雄」 リトグラフ 版画 2/500

アンティーク慈光では、絵画のお買い取り、販売を行っております。

今回ご紹介する品物は、元横綱の北の湖の版画(リトグラフ)です。皆さんこちらの絵を見てこんな才能があったんだと驚く方が多いです。富士山が非常に力強く描かれており、黄色の冠雪は荒々しく今にも噴火しそうな感じさえします。赤と青の背景は、冷静と情熱を感じさせるコントラストが非常に印象的です。昔の剣豪が書や絵をしたためたかの様に北の湖も、描いていたのでしょうか。元気が貰えそうな縁起のいい富士山ですね。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

九州民芸家具社の衝立が入荷しました

九州民芸家具社の衝立

先週に続いて民芸家具の紹介です。
数年前にも同じ物を扱ったことがある『九州民芸家具社の衝立』
日本の材料、そして桜材に拘った家具造りをされています。
格子の間から光がもれて良い雰囲気なのです。使い道は難しいかもしれませんが、自分のセンスを信じて飾ってみてはいかがでしょう。
それが決まった時は……粋な雰囲気を醸しだしてくれると思います。
個人的には民芸家具社の中で、この九州民芸家具社の造りと桜材の木目を活かした色合いが大好きで一押しです。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

世田谷区にて橋本関雪の掛軸を買取らせて頂きました。

世田谷区にて橋本関雪の掛軸を買取らせて頂きました。

今回は、東京美術倶楽部鑑定委員の鑑定証書付きです。

上の画像が、東京美術倶楽部鑑定委員の鑑定証書です。

この鑑定してもらうには、作家にもよりますが4万~8万円の鑑定料が必要です。

真作の場合は、画像のような鑑定証書がもらえます。

この鑑定書があると、真作保証されているので通常よりも高値で取引が行われます。

詳細は、東京美術倶楽部委員のHPに載っています。

 

お持ちなっている日本画や洋画の真贋がわからない場合は、

東京美術倶楽部委員などに持ち込んでみるのも良いかもしれませんね。

 

慈光では、書画・日本画の買取を行っております。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

三鷹市のお客様から碁盤と碁石を買い取りさせていただきました。

 

三鷹市のお客様から碁盤と碁石を買い取りさせていただきました。

碁盤は厚みのしっかりしたもので状態も良好です。

足つきの盤をひっくり返すと凹みがあります。この箇所はへそと言って碁盤の歪みや割れを防いだり、駒や石を打ちこんだときに音が響きやすくなるためといわれています。

囲碁の歴史は古く紀元前までさかのぼります。長い歴史の中で色々な知恵や工夫があり、今の碁盤の形に終着したのは素晴らしいことだと思います。

 

慈光では、碁盤・碁石の他にも将棋盤。駒などの買取も行っております。

東京西荻窪で創業35年、長年培ってきた知識と経験を基に骨董品の査定・買い取りいたしますのでご安心してお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 

奥津 一心斎 棗 秋蒔絵 乾漆大棗 ヤフーショッピングで販売しております。

 

アンティーク慈光ヤフーショッピング 奥津 一心斎 棗 秋蒔絵 乾漆大棗

蒔絵師、奥津一心斎は昭和10年に大阪で生まれ。蒔絵師の父、奥津洋方に師事しました。

種品中の作品は蒔絵が優美に施された美しい作品です。

現在では別売りで棗の中蓋も販売されているようで、抹茶を棗に入れて普段使いしている方もいらっしゃるようです。

 

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481

買取のご相談は TEL/ 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)

買い取りはこちら


 

 

 


PageTop