TOKYO NISHIOGI ANTIQUES

骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

東京・杉並区西荻窪で創業して35年。
アンティークや古道具、骨董なら東京・杉並区西荻窪の慈光におまかせください。骨董のまち西荻窪で古くから営業してまいりました。西荻窪へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

東京西荻窪アンティーク道具屋慈光の日々

新着商品入荷情報や西荻アンティーク街情報やら日記です

九代大樋長左衛門を武蔵野市にて買取させて頂きました。

大樋長左衛門

九代大樋長左衛門を武蔵野市にて買取させて頂きました。

九代大樋長左衛門が作る黒茶碗は晩年作のものが多く、

この茶碗も晩年作のものかと思われます。

九代大樋長左衛門曰く、自らが満足がゆく作品ができたのは60代以降と話しており、

「派手なものは、あっと驚くかもしれないが、無為のものは、あっと驚くかもしれないが、無為のもので世間をあっと言わせるものは難しい。

その点、茶碗を作ることも難しい。特に無地ものの大樋焼は派手さがない」

「見どころの多い茶碗ならいいとか、世間ではいうが、そういう茶碗は、本当の茶碗じゃないと思う。無為で作って、頭の下がるほどの品位のある茶碗がいいということでしょう」

長左衛門は「作っている間は、無の境地で」作陶したそうです。

派手さは有りませんが、凛とした佇まいの素晴らしい茶碗です。

 

九代大樋長左衛門 略歴

本名を長次郎、名を長左衛門、裏千家鵬雲斎より号を陶土斎を賜る。
1917(大正6)年、石川県立工業学校窯業科を卒業後、父に師事。
1923(大正12)年、金沢市東山公園麓の松林の中に工房「芳土庵」を設ける。
1925(大正14)年、九代大樋長左衛門を襲名。
大徳寺488世全提要宗より「大樋」印を授かりました。
1940(昭和15)年、内閣総理大臣・近衛文麿より自筆の「長左衛門」金印を授かる。
1942(昭和17)年、工芸技術保存作家の指定。
1958(昭和33)年、日本工芸会正会員。
1973(昭和48)年、日本陶芸展に推薦招待され数印黒楽茶碗を出品。
1977(昭和52)年、裏千家十五代鵬雲斎宗室より「陶土斎」の号を授かる。

慈光店頭で販売しております。

お近くの際は、ぜひお立ち寄りください。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

芳月銘の和竿・竹竿、ヤフオク出品中です。

竹竿 芳月銘

芳月銘の和竿・竹竿、ヤフオク出品中です。

替え手元が付いており10本継から7本継に帰ることが出来ます。

竹竿制作は、平成3年、江戸和竿は通産大臣(現経済産業大臣)より伝統的工芸品に指定された立派な伝統工芸品です。

現在の主流はグラスファイバーやカーボンですが、竹竿は今も尚、愛好者が多いです。

江戸和竿の歴史は古く1780年代頃と言われています。

泰地屋東作が上野広徳寺前に開業したのがその発祥とされています。

その後、脈々と受け継がれて行った技術は、明治から昭和初期に花開き名作の竿が多く生まれました。

戦後、グラスファイバー・カーボンの登場により多くの職人が廃業に追い込まれ、

現在では職人も少なくなり、竹竿は釣り師の贅沢品になっています。

この竹竿は現在ヤフオク出品中です。

2021.09.19(日)21:39ヤフオク終了!!

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

彫刻家 小針樹生作 象牙 「聖観音像」を販売中です。

小針樹生

小針樹生

小針樹生作「聖観音像」を販売中です。

小針樹生は数少ない象牙彫刻家です。

平櫛田中の内弟子であった父から彫刻を学び、人物の置物が中心で佛物なども得意としました。

中でも西洋の女性の彫刻を得意としたそうです。

販売している聖観音像も女性的な雰囲気があります。

繊細に彫刻された像は、まさに超絶技巧で一見の価値ありです。

こちらの商品は、店頭か弊社HPでお問い合わせの上、購入できます。

小針樹生作「聖観音像」

※象牙の販売に関しましては身分証明書のコピーが必要となります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

店頭にて唐津焼・井上東也の花入を買取させて頂きました。

井上東也

店頭にて唐津焼・井上東也の花入を買取させて頂きました。

学生時代に唐津焼に魅了され、唐津焼の陶片などを収集したそうです。

1969年鏡山窯(きょうざんがま)を開窯し、陶芸家・塗師淡斎(ぬしたんさい)に師事。

その後、国内にとどまらず海外などで個展を開催します。

残念ながら2013年にお亡くなりになりましたが、現在は息子の二代目が鏡山窯を引き継ぎ、

井上東也が開窯した窯元を守っています。

 

買取させて頂きました花入れは唐津らしい釉薬の味わいとともに飽きの来ない作品に仕上がっています。

どっしりとした船徳利のような形なので安定感があります。

底にかけて意図した釉切れ(釉抜け)がみられ、この作品の傑出した雰囲気を一層引き立てています。

 

この作品は、定額にてヤフオク・ヤフーショッピング出品中です。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)道具屋 慈光
TEL/FAX 03-5382-5171
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 

 

店頭にて煎茶道具を買取させて頂きました。

煎茶道具

店頭にて煎茶道具を買取させて頂きました。

平安 西村徳泉

江戸後期の陶工初代徳泉が、4代海老屋清兵衛に師事して、五条坂に開窯、約110年間続く窯元です。その後も「徳泉」を受け継ぎます。

3代は、昭和初期京都五条坂に生まれ、二代徳泉より伝統工芸技法の手ほどきを受ける傍ら、芸術院会員・六代清水六兵衛先生に師事しました。

1970年代の京都市での排出規制に伴い炭山に移りました。

大勢の職人が排出規制により廃業しましたが、当代は現在でも京式登り窯で作陶している数少ない窯元です。

 

買取させて頂きました煎茶道具は、急須・湯冷まし・湯呑5客揃いで使用感ありましたがカケも無く無傷でした。

煎茶道具には篆書で書かれた染め付けが施されており、中国的な雰囲気が楽しめる茶器になっております。

当作品は近日ヤフオク出品予定となります。

お問い合わせ先
info@antiquesjikoh.com
(有)アンティーク・ネット慈光
TEL/FAX 03-3395-7481
営業時間 10:00~18:00(水曜日休)


慈光オークション

ヤフオク
オンラインショッピング

ヤフーショッピング

 

買取はこちら
買い取りバナー2

 

 

 

 


PageTop